大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年6月7日号 エリアトップへ

東京五輪聖火リレー 56年ぶり 大磯を通過 県内15市町がルートに

スポーツ

掲載号:2019年6月7日号

  • LINE
  • hatena
1964年に大磯を走る聖火ランナー(大磯町郷土資料館提供)
1964年に大磯を走る聖火ランナー(大磯町郷土資料館提供)

 2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック競技大会の聖火リレーのルート概要が6月1日に発表され、県内15の通過市町に大磯町が選ばれた。前回の東京五輪から56年ぶりに聖火が通る。

 大会組織委員会によると、日本全国47都道府県を回る聖火リレーは、20年3月26日に福島県をスタートした後、121日間をかけて857市区町村で実施される。神奈川県は20年6月29日から7月1日にかけて通過。29日に箱根の箱根駅伝往路ゴール地点で出発式が催され、伊勢原、小田原、大磯、平塚、茅ヶ崎、藤沢へ。30日は三浦から横須賀、鎌倉、海老名、厚木、相模原。7月1日は川崎から横浜へ至るルートとなっている。なお小田原から大磯までは車で通過する。黒岩祐治知事は「限られた日数の中で日本遺産の大山やセーリング会場の江の島、古都鎌倉、港町横浜など神奈川県の持つ魅力を余すことなく世界に発信するルートを設定することができた」と自負する。

 中崎久雄大磯町長は「通過市町に選ばれたことを大変喜ばしく思う。聖火ランナーが風光明媚で歴史文化の薫る大磯の空気を肌で感じながら走り、沿道から応援する町民の皆さんと一緒に記憶に残る素晴らしい大会となるよう、町としても協力していく」と話した。

聖火ランナーを募集

 聖火を灯したトーチを手に走る、聖火ランナーの募集が始まる。対象は2008年4月1日以前に生まれた、走行を希望する各都道府県にゆかりのある人。国籍や性別は問わない。1人あたりの走行距離は約200m。募集は協賛企業4社と各都道府県実行委員会で行われ、日本コカ・コーラが6月17日(月)から、トヨタ自動車・日本生命・NTTが6月24日(月)から、各都道府県実行委員会が7月1日(月)から開始。いずれも8月31日(土)まで。詳細は各応募先が今後発表する募集要項を参照。

 1964年の東京五輪で、大磯町の第2区間(切通バス停前から統監道バス停前まで)を走る聖火リレー隊の正走者を務めた仲川三郎さん(73歳・当時19歳)は「中学から陸上をやっていて、当時は会社の陸上競技部に所属。町教育委員会からランナーに指名されて走ることになった。無事、次のランナーに聖火を渡すことができてホッとした」と追想する。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

10年後の二宮町へ提言

10年後の二宮町へ提言 文化

町民・中学生ワークショップ

10月15日号

名産復活めざし初収穫

二宮町

名産復活めざし初収穫 社会

若手町民らが落花生栽培

10月15日号

一般会計決算を不認定

二宮町議会

一般会計決算を不認定 政治

東大跡地活用など問題視

10月8日号

木谷陽晴(ひばる)君が王者に

二宮中1年

木谷陽晴(ひばる)君が王者に スポーツ

キック アマ34kg級

10月8日号

OG講師に環境を考える

OG講師に環境を考える 教育

大磯中でオンライン講演会

10月1日号

自宅療養者に食料配送

中井町

自宅療養者に食料配送 社会

無償で7日分と日用品も

10月1日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月15日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook