大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年7月12日号 エリアトップへ

アユ釣り日本一競う 中井町の川口さん全国大会へ

スポーツ

掲載号:2019年7月12日号

  • LINE
  • hatena
予選会の優勝杯を手にする川口さん(右)と杉山町長
予選会の優勝杯を手にする川口さん(右)と杉山町長

 名人級が釣技を競う国内のビッグトーナメント「第43回G杯争奪全日本アユ釣り選手権全国大会」に、中井町在住の川口忠秋さん(62)が出場する。7月3日に杉山祐一町長を表敬訪問し、全国大会の出場資格を得た予選会での優勝を報告した。

 同大会は釣り具メーカーのがまかつが主催。6月20日に相模川の高田橋下流で予選会が行われ、150人の太公望が参加した。上位3割が通過できる予選で好釣果をあげた川口さんは、決勝へ進出。2時間で18匹のアユを釣り、優勝を飾った。

 予選会は6月から7月中旬にかけて相模川のほか、栃木県の那珂川や高知県の仁淀川など12河川で開催。参加総数1380人の中から決定した各予選会の入賞者43人と前回大会の優勝者ら、がまかつ推薦者の計48人が全国大会に挑む。

釣り仲間から応援のベスト

 27歳のときに「梅雨シーズンの趣味」としてアユ釣りを始めた川口さん。塗装業に携わり、やむなく仕事ができない日は川で竿を立てた。鮎好友(アユラブユー)というアユ釣りクラブの会長を務める。「魚と一緒。群れる習性があるんです」と笑う。

 全国大会は8月4日から6日まで福井県の九頭竜川を会場に開催される。ホームグラウンドにしている酒匂川と比べて「流れが激しい。アユの体長が大きめでパワーもある。競技は体力勝負」と川口さん。全国大会の出場は今回が3回目で、過去の最高成績は15位だった。各地への釣行を通じて知り合った仲間が贈ってくれた、がまかつ製のベストに身を包み「出るからには優勝を目指して頑張ります」と意気込む。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

地元の歴史 学び50回

中井町半分形

地元の歴史 学び50回 社会

仏像発見を機にスタート

7月19日号

粘りの「全員バレー」誓う

粘りの「全員バレー」誓う スポーツ

 創部6年目 高校総体へ

7月19日号

主張発表で関東2位

大磯町商工会女性部

主張発表で関東2位 社会

町と「みかんアロマ」をPR

7月12日号

若手職人の技巧光る

若手職人の技巧光る 文化

二宮から県洋菓子展入賞

7月5日号

新たな顔ぶれ決まる

大磯町議選

新たな顔ぶれ決まる 政治

投票率は過去最低を更新

7月5日号

大磯町の請求を棄却

大磯町の請求を棄却 政治

障害福祉センター退去訴訟

6月28日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自生ヤマユリ公開

自生ヤマユリ公開

二宮 一色小で講演会も

7月20日~7月23日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第25回「加藤高明【5】」文・武井久江

    7月12日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク