大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年11月22日号 エリアトップへ

明治150年記念連載 大磯歴史語り 第34回「吉田茂【1】」文・武井久江

掲載号:2019年11月22日号

  • LINE
  • hatena

 「8人の宰相」最終章・吉田茂に入ります。「明治150年記念連載」として昨年の4月からスタートし、8人の宰相を語ること早1年と7ヶ月。唯一建屋が公開されています(当初の家屋は、平成21年に焼失しました)。再建公開されたのが平成29年、公開から1年を待たずに来館者が10万人を超しました。最近のニュースを賑わせている「桜を見る会」の前身の「観桜会」は、明治14年(1881)吹上御所で開かれた「観桜御宴」が前史です。明治16年〜大正5年までは浜離宮、大正6年〜昭和13年まで新宿御苑、いずれも国際親善を目的として、皇室主催で行われました。この「観桜会」を復活させる形で昭和27年に吉田茂が総理大臣主催の会として始めたのが「桜を見る会」でした。開催地は観桜会と同じ新宿御苑となるが、同園は昭和22年(1947)の閣議決定で旧皇室庭園から国民公園へと変更されていました。第1回は昭和27年吉田茂総理大臣主催、招待客約1000人。本来なら彼の生い立ちから入るつもりでしたが、あまりのタイミングに見逃すことが出来ませんでした。今回話題になっている「桜を見る会」とは、大分様変わりしています。これから語る事を見て頂き判断して下さい。

 吉田茂は二人の父を持ちます。実父は、土佐(高知県)出身で自由民権運動にも関与した、竹内綱です。養父は、明治初期に実業家として活躍した吉田健三です。吉田家への養子縁組を後年こんな風に語ってます。「のしをつけて、水引きをかけて、まことにつまらないものですが…」ウイットに富んだ皮肉を好み、それでいて常に人間的な温かみを失わなかった彼らしい言葉です。茂が竹内綱の五男(七男七女の兄弟がいます)として生を受けたのは、明治11年(1878)9月22日。同年5月に大久保利通(後に彼の孫・雪子と結婚)が東京・紀尾井坂で暗殺されます。1年前には、西郷隆盛が西南戦争で亡くなっています。まさに明治新国家の揺籃期に生まれました。波乱万丈の人生がスタートしました。(敬称略)
 

旧吉田茂邸の兜門
旧吉田茂邸の兜門

大磯・二宮・中井版のコラム最新6

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第45回「吉田茂【12】」文・武井久江

5月29日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第44回「吉田茂【11】」文・武井久江

5月15日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第43回「吉田茂【10】」文・武井久江

4月24日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第42回「吉田茂【9】」文・武井久江

4月10日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第41回「吉田茂【8】」文・武井久江

3月27日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第40回「吉田茂【7】」文・武井久江

3月13日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第45回「吉田茂【12】」文・武井久江

    5月29日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク