大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年7月24日号 エリアトップへ

二宮八坂神社 伝統の祭 疫病退散祈る 「密」避け、車で神輿渡御

文化

掲載号:2020年7月24日号

  • LINE
  • hatena
神輿を前に安寧を祈願する祭礼の参列者
神輿を前に安寧を祈願する祭礼の参列者

 二宮町の元町地区で八坂神社の祭礼が7月18日に行われ、同地区の住民が新型コロナウイルスの終息を祈願した。感染拡大防止のため、例年は2日間で行う祭礼を1日に縮小。神輿を担ぐのはやめ、トラックに載せて巡行するなど「新しい様式」を取り入れた。

 雨が止んだ午後。同神社下にある元町憩いの家の前に、地区代表者や宮世話人、神輿グループ・祇園会などの関係者が集まった。神輿の入魂式と発御祭が執り行われ、川勾神社の二見宮司が祝詞を奏上。「疫病退散」と書かれた札を添えた神輿に参列者が拝礼した。

 トラックの荷台に移された神輿は、富士見が丘児童館などの御旅所を巡行。本来は10カ所の御旅所を回るところを、5カ所に絞った一方、各所で宮司と少人数の役員による神事を催した。

 「歴史ある元町の夏祭り。何もしないわけにはいかない」。地区代表者会の帰山訓代表=「人物風土記」で紹介= は「コロナウイルスの状況の中で行う祭礼のサンプルになるのでは」と話す。神輿保存会の河西哲夫会長は「神輿を担げないのは残念だが、疫病退散に端を発するお祭りの御利益はあるはず。コロナ禍が収まってほしい」と手を合わせた。

 京都の八坂神社の祭礼として有名なのが、祇園祭。平安初期の都に疫病が流行した際、当時あった66カ国の数にちなんで66本の鉾(ほこ)を立てて祇園の神を祭り、神輿を平安京の大庭園に送って厄災の除去を祈ったことに由来するという。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

「いそかぜ」全国3位に

大磯小

「いそかぜ」全国3位に 社会

PTA広報紙コンクール

12月3日号

55年ぶり日本一に貢献

大学テニス

55年ぶり日本一に貢献 スポーツ

大磯町出身 大川美佐さん

12月3日号

ハザードマップ多言語化

ハザードマップ多言語化 社会

中井町 外国人へ防災情報

11月26日号

新名物なるか「大磯早ずし」

新名物なるか「大磯早ずし」 経済

未利用食材を有効活用

11月26日号

交流食堂へピザ提供

交流食堂へピザ提供 コミュニティ社会

ピザーラが地域貢献

11月19日号

美郷町と地域活性化協定

大磯町

美郷町と地域活性化協定 経済

鳥獣害対策を機に連携

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

輸入生地の小物など展示

輸入生地の小物など展示

木版画家による手仕事作品

12月3日~12月20日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook