大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年9月4日号 エリアトップへ

水源林と農の関係探る 吾妻山周辺の空撮映像紹介

社会

掲載号:2020年9月4日号

  • LINE
  • hatena
上空から撮影した山林と農地の様子
上空から撮影した山林と農地の様子

 ドローン(無人航空機)で撮影した吾妻山周辺の映像から、二宮町の自然と農耕について考える環境フォーラムが、生涯学習センターラディアンで8月30日に開かれた。吾妻山北西の針葉樹と広葉樹が混在する水源林や沢筋の様子などが報告された。

 吾妻山の麓で遊休農地の再生や沢の整備などに取り組んでいるNPO法人農ある暮らしを広める会が主催。同会から空撮の依頼を受けたE.Technical Works代表でドローン操縦士の衛藤裕之さんが、6月の2日間に撮影した吾妻山周辺の山林と農地の映像を紹介した。

 衛藤さんは、山林の中で樹木が少なく凹んでいる部分について「沢が流れているところでは」と推測。針葉樹と広葉樹が混在していることや、枯れ木が複数箇所あることなどを説明した。湯布院の出身という衛藤さんは故郷の農地の変化を例に挙げ、「水源地を失うと、山の下の田畑は使えなくなり、いずれは荒れ地になってしまう。農業を続けることで水源が守られ、水源地の山に対する人々の関心も根付いていく」と話した。

 後半は、農ある暮らしを広める会代表の二見幸夫さんが二宮の「農」をテーマに講演した。「60年ぐらい前と比べたら、食べ物を贅沢に食べられる今の世は不思議に思える」と切り出した二見さん。遊休農地や谷戸田を再生する活動は、海と山の生態の好循環の維持や災害時の食料自足に役立ち、そのために地域の中で耕作者を育てていく必要があると語った。

 また、広葉樹の「ナラ枯れ」と、竹が山林の上の方にまで繁茂している現象を指摘。「土中環境に異変が生じ、山の機能が失われかけている」と危機感を訴えた。フォーラムには同会が主宰する「二宮農園」の会員ら約30人が参加した。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

スクールロイヤーを任用

大磯町

スクールロイヤーを任用 教育

いじめ対応などに法的助言

9月25日号

軍人宰相の一面伝える

徳富蘇峰記念館

軍人宰相の一面伝える 文化

東条英機のはんこ印影展示

9月25日号

大磯の左義長 初の中止に

大磯の左義長 初の中止に 文化

400年続く伝統の火祭り

9月18日号

大磯港新施設 愛称が決定

大磯港新施設 愛称が決定 経済

人や街中をつなぐ観光拠点

9月18日号

修学旅行延期実施へ

町立学校

修学旅行延期実施へ 教育

二宮西中は10月に関西

9月11日号

大豆発酵食品で貧困支援

大豆発酵食品で貧困支援 経済

大磯から日本伝統食を発信

9月11日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大磯暮らしの魅力語る

大磯暮らしの魅力語る

27日にオンライン討論会

9月27日~9月27日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    大磯歴史語り

    〈財閥編〉第2回「岩崎弥之助(弥太郎)」 文・武井久江

    9月25日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク