大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年9月4日号 エリアトップへ

旧大隈邸・陸奥別邸跡 町有形文化財に指定 明治記念大磯邸園公開に向け

文化

掲載号:2020年9月4日号

  • LINE
  • hatena
旧大隈重信別邸(上写真)と陸奥宗光別邸跡(国営昭和記念公園事務所提供)
旧大隈重信別邸(上写真)と陸奥宗光別邸跡(国営昭和記念公園事務所提供)

 大磯町内で国が整備を進めている明治記念大磯邸園にからみ、町教育委員会は8月21日に「旧大隈重信別邸・旧古河別邸」と「旧古河別邸(陸奥宗光別邸跡)」を町指定有形文化財(建造物)に指定したと発表した。

 同園は伊藤博文邸跡(旧滄浪閣)を中心とした歴史的建物群と周辺の緑地を、2024年度の全面公開を目指して一体的に整備を進めているもの。今回、有形文化財に指定された旧大隈邸と陸奥別邸跡も整備計画に含まれている。

 旧大隈邸は1897(明治30)年に大隈が購入し別荘として利用していたものを、1901(明治34)年に古河財閥の古河市兵衛が購入。大広間や北座敷、大隈が書斎として使っていた「神代の間」などが当時の姿のまま残っている。町教委は「雁行型の部屋配置や銘木を使いながらも落ち着いた設えなどの特徴から、海浜別荘地・大磯の草創期の別荘建築として貴重な建物」と評価。一方の旧古河別邸(陸奥別邸跡)は、陸奥が1894(明治27)年に建てた別荘を1904(明治37)年に譲り受けた古河家が関東大震災で建物が倒壊した後、その跡地に1930(昭和5)年に建築した。「瀟洒な数寄屋風の住宅建築。昭和初期屈指の近代和風建築で、当時の姿をよく留める貴重な別荘遺構」としている。いずれの建物も戦後は古河電気工業が所有し迎賓館「大磯荘」として利用されていたが、大磯邸園の計画が持ち上がり、2018年に国へ譲渡された。

 今回の指定で大磯町の指定文化財は鴫立庵や滄浪閣など31件になった。国は同園の「西園寺公望別邸跡・旧池田成彬邸」についても文化財指定の検討を進めている。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

大磯の左義長 初の中止に

大磯の左義長 初の中止に 文化

400年続く伝統の火祭り

9月18日号

大磯港新施設 愛称が決定

大磯港新施設 愛称が決定 経済

人や街中をつなぐ観光拠点

9月18日号

修学旅行延期実施へ

町立学校

修学旅行延期実施へ 教育

二宮西中は10月に関西

9月11日号

大豆発酵食品で貧困支援

大豆発酵食品で貧困支援 経済

大磯から日本伝統食を発信

9月11日号

町有形文化財に指定

旧大隈邸・陸奥別邸跡

町有形文化財に指定 文化

明治記念大磯邸園公開に向け

9月4日号

水源林と農の関係探る

水源林と農の関係探る 社会

吾妻山周辺の空撮映像紹介

9月4日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大磯暮らしの魅力語る

大磯暮らしの魅力語る

27日にオンライン討論会

9月27日~9月27日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載 〈財閥編〉

    大磯歴史語り

    第1回「岩崎弥之助」 文・武井久江

    9月11日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月18日号

お問い合わせ

外部リンク