大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年9月25日号 エリアトップへ

大磯町 スクールロイヤーを任用 いじめ対応などに法的助言

教育

掲載号:2020年9月25日号

  • LINE
  • hatena
スクールロイヤーが在籍する大磯町の教育研究所
スクールロイヤーが在籍する大磯町の教育研究所

 大磯町教育委員会は、いじめや不登校など学校で発生する様々なトラブルに対し、弁護士が法律の見地から解決に向けた助言を行う「スクールロイヤー」の任用を始めた。法的知識の不足から学校が判断に迷う事案をサポートすることで、問題の早期解決や教職員の負担軽減などの効果が期待されている。

 導入の背景には、学校で発生するトラブルの多様化・複雑化がある。シンプルな構図のいじめが鳴りを潜める一方で、貧困や虐待などに起因する、対応に法的知識が必要な事案が増加。学校の判断に納得がいかず当事者が不信感をもったり、解決後も児童や保護者間に遺恨が残るケースも少なくない。

 文部科学省では今年度からスクールロイヤーを全国に配置していく方針を打ち出しているが、それを待たず独自に導入する自治体も出てきている。近隣では茅ヶ崎市などがあるが、大磯のように町レベルで導入する自治体はまだ少ない。背景には、大磯のいじめ認知件数が関係している。

 自治体によりカウント方法にばらつきがあるものの、県内の小中学校1校あたりのいじめ認知件数(2018年度)は平均で小学校23・5件、中学校11・2件。これに対し大磯町は小学校779件、中学校91件と飛びぬけて多い。対応にあたる学校現場のサポートは急務だった。町教委は「いじめ問題対策・調査委員会」の委員を務める弁護士から紹介を受け、学校の問題に精通した村松謙弁護士の任用を決めた。任用後、村松氏は町内の町立学校4校を回って各校の状況や抱えている課題の聞き取りを行った。村松氏は大磯町横溝千鶴子記念教育研究所に籍を置き、学校が法律に基づいた助言や組織的な対応が必要と考える事案について相談を受け付ける。また学校の要請に応じて、いじめの予防教育も行う。同研究所の鈴木義邦所長は「スクールロイヤーは子どもたちのための弁護士。被害者と加害者双方の権利を守りながら、第3者的視点で公正に判断してくれる。問題に対し学校が迅速・適切に対応するための力強い助言者となり、トラブルの未然防止や再発防止につながれば、安心して通える学校づくりが進められる」と期待を寄せる。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

安全な地域づくりに貢献

安全な地域づくりに貢献 社会

防犯功労の5個人・3団体

10月23日号

「大磯マコモ」お墨付き

「大磯マコモ」お墨付き 経済

県のブランド品に登録

10月23日号

小倉美乃さん全国へ

小倉美乃さん全国へ 社会

高校生英語弁論大会に出場

10月16日号

ほのかな香り楽しんで

大磯町商工会女性部

ほのかな香り楽しんで 経済

摘果ミカンで柔軟剤開発

10月16日号

ホテル跡地1億円購入へ

ホテル跡地1億円購入へ 政治

二宮町「営業阻止・将来に活用」

10月9日号

相互理解の大切さ伝える

二宮高校

相互理解の大切さ伝える 教育

西川悟平氏が出前講座

10月9日号

住宅型有料老人ホーム

大磯町大磯に2019年1月オープン「アスカ大磯」ご入居見学随時開催中です

https://www.asuka-care.jp/facility/index/4

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

彫刻と陶芸の夫妻展

彫刻と陶芸の夫妻展

なかい里都(さと)まちCAFE

10月24日~10月25日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク