大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年10月16日号 エリアトップへ

小倉美乃さん全国へ 高校生英語弁論大会に出場

社会

掲載号:2020年10月16日号

  • LINE
  • hatena
大磯出身の小倉美乃さん
大磯出身の小倉美乃さん

 高校生が自らの思いや考えを英語で発表する「上智大学全国高校生英語弁論大会 ジョン・ニッセル杯」の本選に、大磯町在住の小倉美乃(よしの)さん(横浜国際高等学校1年)が出場する。全国から294人が参加した1次審査を通過した20人の一人に選ばれた。

 英会話教室を開く母のもとで2歳半から英語に親しんできた小倉さんは、昨年も「高円宮杯全日本中学校英語弁論大会」で県代表に選ばれ、全国大会予選に出場した経験がある。中郡初の快挙で、高校入試を控えながら、祖父と愛犬の死、ストレスに起因する一時的な難聴などの苦難を乗り越えての成果だった。発表では、不登校のクラスメイトと交流を深め、徐々に打ち解けて学校生活に復帰するまでになった経験をもとに「世の中には様々な理由から思い詰めてしまっている人がいる。身の回りにそんな状況の人がいたら、まず何か一言、声をかけてあげて」と呼びかけた。

心の距離縮めて

 今回のスピーチでは、昨年に短期間ながらも経験した難聴を出発点に「普段生活している中でも病気や障害など様々な理由で困っている、目に見えない人がいるかもしれない。コロナ禍で社会的距離が求められる今だからこそ、心の距離を縮めることが大切」と訴えた。9月下旬に1次審査通過の知らせが届き、声を出して喜んだという。

 11月の本選はコロナ対策のため、初のビデオ審査となる。小倉さんは「中学の大会で、自分が伝えたいことをストレートに話すことができたように、今回も少しでも聞いた人の心に刺さり、困っている人たちを気にかけるきっかけになるようなスピーチをしたい」と大会への意気込みを語った。

 小学生の頃から憧れていたというグローバル教育に特化した高校に通う小倉さん。学校で英語とフランス語を学び、家では独学で韓国語も勉強しているという。「色々な外国語を話せるようになって、世界中の人と交流しながら、様々なことに挑戦していきたい」と将来の夢を語る。母親の国江さんは「(大会出場は)なかなか経験することができない機会。多くの人に向けてスピーチをすることや、普段出会えないような人たちとの出会いなど、大会を通じて経験するすべてを自分の将来に生かしてほしい」と優しい眼差しでエールを送った。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

集団接種の流れを確認

コロナワクチン

集団接種の流れを確認 社会

各自治体で模擬訓練

5月14日号

2代目おとちゃん登場

マスコット着ぐるみ

2代目おとちゃん登場 経済

テレビ番組で二宮町PR

5月14日号

井出さん 初の全国へ

大磯テニスアカデミー

井出さん 初の全国へ スポーツ

DUNLOP杯で活躍

5月7日号

湘南の魅力まるわかり

湘南の魅力まるわかり 経済

観光ガイドブック発行

5月7日号

ガイド活動20年の集大成

ガイド活動20年の集大成 文化

『大磯 まち歩き事典』発行

4月30日号

松林の遊歩道を公開

明治記念大磯邸園

松林の遊歩道を公開 文化

旧大隈・陸奥別邸跡エリア

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter