大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年11月27日号 エリアトップへ

震生湖 国登録記念物へ 関東大震災の地質遺産

文化

掲載号:2020年11月27日号

  • LINE
  • hatena
中井町の境別所と秦野市今泉にまたがる震生湖
中井町の境別所と秦野市今泉にまたがる震生湖

 国の文化審議会は11月20日、中井町と秦野市にまたがる震生湖を国登録記念物に登録するよう、文部科学大臣に答申した。答申どおりに告示されると、登録記念物として同町では初めて、同市では2番目の登録となる。

 震生湖はその名のとおり、大正12年(1923)の関東大震災によって誕生した湖。渋沢丘陵の一部が幅約250mにわたって地すべりを起こし、土砂が市木沢を堰き止めてできた。震災から100年近く経過した今も「崩落地」「堰止地」「湖面」を一体的に見られる。当時の地震で多数の崩壊地が発生したが、現存する堰き止め湖は珍しく、地形変化の規模の大きさを伝える貴重な資料となっている。

 湖の面積は1万3000平方メートル、周囲1Km。平均水深4mで、最も深い場所は10m。散策や釣り、野鳥観察のスポットなどとして利用されている。

 湖畔には、物理学者・寺田寅彦が詠んだ「山さけて 成しける池や 水すまし」の句碑が建つ。東京帝国大学地震研究所の所員だった寺田は1930年、震生湖の調査に2度訪れ、3つの俳句を詠んだ。その中から震生湖の成り立ちや地震の恐ろしさを表している句を選んで55年9月1日に石碑が建立された。

 「関東大震災の震災遺構や貴重な地質遺産である」という観点から、中井町と秦野市の両教育委員会は震生湖の国登録記念物(動物、植物及び地質鉱物関係)の登録を目指し、今年1月に文科大臣へ意見具申を行った。登録面積は、中井町分が11504平方メートル、秦野市分が21034・71平方メートル。

 今回の答申では県内から、登録有形文化財(建造物)に旧藤澤カントリー倶楽部クラブハウス(藤沢市)や龍口寺妙見堂(同)など、指定名勝に神仙郷(箱根町)も答申された。

寺田寅彦の句碑。「山さけて 成しける池や 水すまし」と刻まれている
寺田寅彦の句碑。「山さけて 成しける池や 水すまし」と刻まれている

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

集材を簡単・安全に

自伐型林業

集材を簡単・安全に 社会

中井町の山林で講習会

6月11日号

学校トイレに生理用品

中井町

学校トイレに生理用品 社会

福祉課窓口などで配布も

6月11日号

固定電話へ災害情報

二宮町

固定電話へ災害情報 社会

ハザード区域の高齢者ら対象

6月4日号

陸上3選手が関東へ

星槎国際湘南

陸上3選手が関東へ スポーツ

インターハイ県予選で活躍

6月4日号

詐欺被害 元から絶つ

大磯町二宮町

詐欺被害 元から絶つ 社会

防犯電話の購入費補助

5月28日号

集団接種がスタート

新型コロナワクチン

集団接種がスタート 社会

キャンセル対策に工夫も

5月28日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter