泉区版 掲載号:2017年3月9日号
  • googleplus
  • LINE

市水道局 「災害備え、備蓄飲料を」 21日まで送料無料

社会

給水リュック(左)と水缶
給水リュック(左)と水缶
 横浜市水道局は3月21日(火)まで、災害に備えた飲料水の備蓄促進キャンペーンを行っている。

 大規模災害が発生した場合、断水などですぐに飲料水を確保できない可能性も高い。そこで同局は災害時に必要な3日分の飲料水「一人最低9リットルの備蓄」を呼びかけている。防災意識が高まる1月から3月を強化期間として、飲料水の備えを訴えてきた。

 キャンペーン期間中は7年間保存できる災害用備蓄飲料水「横浜水缶」1箱(500ミリリットル×24本、1800円)の配送料が市内限定で無料に。また、6リットルの水が入る給水リュックを3箱購入ごとに、横浜水缶1箱を10箱購入ごとに進呈する。(問)同局サービスセンター【電話】045・847・6262

12/10家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

泉区版のローカルニュース最新6件

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

展望ラウンジを開放

横浜薬科大学

展望ラウンジを開放

元旦 初日の出イベント

1月1日~1月1日

泉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク