泉区版 掲載号:2017年6月15日号
  • googleplus
  • LINE

食べ物作る苦労を学ぶ

教育

いずみ野小児童ら田植え

どろどろになって作業する児童ら
どろどろになって作業する児童ら
 いずみ野小学校(齋藤由香校長)の4年から6年生が6月9日、田植え体験を行った。これは同校の食育教育の一環で、学校の近隣住人が所有する田んぼを借りて毎年実施している。植えたのはもち米の苗。

 教諭の掛け声に合わせて、いっせいに苗を植えていく児童ら。齋藤校長によると「毎年、田植えの前に体育館で5年生が4年生に苗の植え方を教えます」。植えた苗は児童らがもみまきから育てたもの。6年生も土の表面を平らにする代かきを行い、田植えの準備をした。齋藤校長は「口の中に入るものを作る大変さを、身を持って感じてくれたら」と話した。

 育った米は11月に児童らの手で刈り取られ、その後開催されるもちつき大会で振る舞われる予定。

関連記事powered by weblio


泉区版のローカルニュース最新6件

10/14家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

いずみの丘観音墓苑

「無縁墓地」にならない新しいお墓のカタチ。10月20・21・22日は相談会

http://www.izuminooka-kannon.com

泉区のお寺の新しいカタチのお墓

「こんなお墓が欲しかった!」新しいお墓の形。10月20・21・22日相談会

http://www.izuminooka-kannon.com

<PR>

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク