川崎区・幸区版 掲載号:2017年4月14日号
  • googleplus
  • LINE

フェスタサマーミューザ2017

過去最多12プロオケ登場 文化

7月22日開幕

福田市長(中央)とプロデュースした音楽家ら
福田市長(中央)とプロデュースした音楽家ら
 オーケストラの祭典として全国から注目されているミューザ川崎シンフォニーホールの音楽祭『フェスタサマーミューザ』のラインナップがこのほど発表された。

 この音楽祭は首都圏のプロオーケストラにスポットをあて、毎年およそ20日間、日替わりで公演を行う他、多彩なイベントプログラムで大人から子どもまで楽しめる。

 今年は7月22日から8月11日まで過去最多12プロオケの参加。公演に厚みが増し、より楽しみが広がるという。内容も盛りだくさん。ホストの東京交響楽団やNHK交響楽団ら人気オケの公演をはじめ、サマーナイトジャズや子ども参加企画などが用意されている。

 先月29日に開かれた記者会見で福田市長は「テーマは気分爽快。さわやかで熱い21日間にしていきたい」などと話した。

 詳細は専用サイトで(「サマーミューザ」で検索)。

関連記事powered by weblio


川崎区・幸区版のローカルニュース最新6件

川崎区・幸区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク