川崎区・幸区版 エリアトップへ

2021年7月の記事一覧

  • 熱中症 前年の2倍

    川崎市救急搬送

    熱中症 前年の2倍 社会

    高齢者中心、各区で啓発

     気温の上昇に伴い、熱中症による川崎市内の救急搬送者数が増加している。5月1日から7月25日までに、前年比68人増の132人が搬送された。夏本番、市は区ごとに啓...(続きを読む)

    7月30日号

  • 市民と50年、歩み続く

    青少年科学館

    市民と50年、歩み続く 社会

    「子どもへ星空を」原点に

     川崎の子どもたちに美しい星空を見せてあげたい--。そんな願いから、1971年8月に開館した川崎市青少年科学館(かわさき宙(そら)と緑の科学館)=多摩...(続きを読む)

    7月30日号

  • 川崎の物価 平均超え

    川崎の物価 平均超え 社会

    市、統計比較冊子を発行

     川崎市は、21大都市(政令指定都市と東京都区部)の基礎的な統計を比較し、ランキング形式でまとめた冊子「カワサキをカイセキ!」(令和元年版)をこのほど発行。地域...(続きを読む)

    7月30日号

  • 加藤登紀子コンサート

    加藤登紀子コンサート 文化

    タウンニュースホール

     東海大学前駅そばのタウンニュースホール(秦野市南矢名1の5の13)で9月4日(土)、「百万本のバラ」「知床旅情」などのヒット曲で知られる加藤登紀子さんのコンサ...(続きを読む)

    7月30日号

  • 英国チーム応援フェス

    英国チーム応援フェス スポーツ

    8月14日、カルッツで

     川崎市がホストタウンとして事前キャンプの受け入れを行っている東京五輪・パラリンピックの英国代表チームを応援するフェスタが8月14日(土)、川崎市スポーツ・文化...(続きを読む)

    7月30日号

  • 魚たちの写真を投稿

    魚たちの写真を投稿 文化

    カワスイが作品募集

     カワスイ川崎水族館(川崎区日進町1の11川崎ルフロン9・10階)は、フォトコンテストの作品を募集している。期間は9月23日(木・祝)まで。誰でも参加可能(未成...(続きを読む)

    7月30日号

  • キックオフイベントに500人

    まちの使い方ラボ

    キックオフイベントに500人 文化

    大師・田島支所 活用法検討へ

     大師・田島支所の建て替えと機能再編に向け、活用法などの検討を進める市主催の「まちの使い方ラボ」のキックオフイベントが7月22日、大師公園と大師支所で開かれた。...(続きを読む)

    7月30日号

  • 能、狂言の世界を楽しむ

    能、狂言の世界を楽しむ 文化

    8月7日、定期公演

     日本の伝統芸能伝承を目的として川崎能楽堂(川崎区日進町)の開館以来30年にわたり続く「川崎市定期能」。8月7日(土)には第123回目の公演が同能楽堂で開かれる...(続きを読む)

    7月30日号

  • 作文・ポスターで理解促進

    作文・ポスターで理解促進 文化

    障害者週間の作品募集

     川崎市は障害者への理解促進を目的とした「心の輪を広げる体験作文」と「障害者週間のポスター」の作品を募集している。 作文は「出会い、ふれ...(続きを読む)

    7月30日号

  • 女性活躍推進企業を認証

    かわさき☆えるぼし

    女性活躍推進企業を認証 社会

    8月18日から申請開始

     川崎市は女性の活躍推進に取り組む中小企業を認証する制度「かわさき☆えるぼし」の申請を8月18日(水)に開始する。  対...(続きを読む)

    7月30日号

  • 北斎代表作約260点を公開

    川崎浮世絵ギャラリー

    北斎代表作約260点を公開 文化

    前期は8月9日まで

     JR川崎駅北口近くにある「川崎浮世絵ギャラリー〜斎藤文夫コレクション〜」で『世界に誇る大北斎展』が開かれている。北斎の代表作約260点を前後期を通じて公開する...(続きを読む)

    7月30日号

  • 「震災」絵本 115冊届く

    「震災」絵本 115冊届く 社会

    福島民報社から市立小へ

     川崎市は7月21日、福島県の新聞社・福島民報社から東日本大震災と原発事故をテーマにした絵本「きぼうのとり」115冊の寄贈を受けた。絵本は市内の市立小学校全11...(続きを読む)

    7月30日号

  • 学校閉庁日

    学校閉庁日 教育

    8月に3日間

     川崎市教育委員会は、教職員の働き方改革の一環として夏季と冬季に「学校閉庁日」を設定している。今夏は8月11日(水)から13日(金)までの3日間。教職員が心にゆ...(続きを読む)

    7月30日号

  • コロナ困窮に支援金

    川崎市

    コロナ困窮に支援金 社会

    就労による自立図る

     新型コロナウイルス感染症の影響で生活に困窮する世帯に向け、川崎市が「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」を支給する。 社会福...(続きを読む)

    7月30日号

  • ナシ収穫で笑顔

    南河原小

    ナシ収穫で笑顔 教育

    例年になく豊作

     幸区の南河原小(勝俣久美子校長)で7月21日、校内の果樹園で栽培しているナシ(長十郎、豊水、幸水)の収穫が5年生74人により行われた。例年、夏休み後の収穫だが...(続きを読む)

    7月30日号

  • 競輪盛り上げを下支え

    競輪盛り上げを下支え スポーツ

    打鐘員 宮田信介さん

     「カン、カン、カン、カン…」。競輪レースで残り1週(半)になると、鳴らされる打鐘(ジャン)。選手たちは鐘の音を合図に、スピードを上げ、レースは佳境に入る。「こ...(続きを読む)

    7月30日号

  • 噴水で夏を満喫

    大師公園

    噴水で夏を満喫 文化

    子どもたちの声響く

     気温30度を超える真夏日となった7月15日、大師公園の噴水は、水遊びを楽しむ子どもたちでにぎわった。中には水鉄砲をもって夢中で遊ぶ園児の姿も見られ、...(続きを読む)

    7月30日号

  • 「川崎初」の女子選手出場

    「川崎初」の女子選手出場 スポーツ

     アーバンナイトへ意気込み

     8月5日(木)から8日(日)まで川崎競輪場(川崎区富士見)で開かれるガールズケイリン「アーバンナイトヴィーナス(FII)」に、初の地元出身のガールズケイリン・...(続きを読む)

    7月30日号

  • 由緒書を新調

    稲毛神社

    由緒書を新調 文化

    デジタル化で情報充実

     稲毛神社(川崎区宮本町/市川和裕宮司)の由緒書が6月に新調された。デジタル化され、タッチパネルで情報を見ることができる。 神社の由緒の...(続きを読む)

    7月30日号

  • ろうそくで障害者支援

    川葬協

    ろうそくで障害者支援 社会

    茨城・取手市と協定

     市内の葬儀社らが加盟する川崎葬祭具協同組合(齋藤隆理事長)は7月26日、茨城県取手市の障害者福祉施設へ使用済みのろうそく184キロを寄贈した。同市で...(続きを読む)

    7月30日号

  • 夏の生き物を調査

    夏の生き物を調査 文化

    市、マップ掲載情報を募集

     川崎市環境局はウェブで公開している「かわさき生き物マップ」に掲載する夏の生き物の情報を募集している。期間は8月末まで。募集するのはチョウやセミ、トン...(続きを読む)

    7月30日号

  • 山中 治子さん

    川崎区で不登校を考える親の会を立ち上げた

    山中 治子さん

    川崎区池上新町在住 53歳

    とことん世話焼き  ○…はじけるような笑顔が印象的。前向きな性格とおせっかいやきから、困っている人が...(続きを読む)

    7月30日号

  • 「夏派」「冬派」投票で決戦

    「夏派」「冬派」投票で決戦 教育

    教文で選挙体験会

     小学3年生から6年生を対象にした選挙体験会が8月19日(木)、川崎市教育文化会館第4、5会議室(川崎区富士見)で開催される。同館が主催する。...(続きを読む)

    7月30日号

  • 戻ってきた夏の音色

    川崎大師風鈴市

    戻ってきた夏の音色 文化

    川崎純情小町☆も応援

     川崎大師の夏の風物詩「風鈴市」が7月20日に始まり、8月22日(日)まで行われる。昨年は新型コロナの影響で中止し、2年ぶりの開催。例年は川崎大師平間寺の境内に...(続きを読む)

    7月30日号

  • 児童が花がら摘み

    児童が花がら摘み 社会

    夢見ヶ崎のアジサイ

     北加瀬こども文化センターと日吉小わくわくプラザを利用する児童が、7月21日、ボランティア団体「さいわい加瀬山の会」と川崎市公園緑地協会のスタッフらと夢見ヶ崎動...(続きを読む)

    7月30日号

  • スイカタクシーで夏気分

    ひまわり交通

    スイカタクシーで夏気分 経済

    スポーツイラスト施す

     「ひまわり交通」(幸区神明町・村木緑代表取締役)は毎年利用者から好評を博している「スイカタクシー」の運行を7月21日から開始した。1台限定で8月31日まで主に...(続きを読む)

    7月30日号

  • ジェンダー平等で議論

    市民団体

    ジェンダー平等で議論 社会

    「男性版産休」テーマに

     ジェンダー平等について考える機会を広く提供しようと、啓発活動を進める市民団体「ジェンクロス・カワサキ」。これまではオンラインでのイベントを主に実施し...(続きを読む)

    7月30日号

  • リレーカーニバル中止に

    リレーカーニバル中止に スポーツ

    秋の風物詩 2年連続で

     幸区の秋の風物詩「幸区リレーカーニバル」の中止が決まった。7月14日付けで君和田孝実行委員長名で関係者に通知を送った。中止は2年連続となる。...(続きを読む)

    7月30日号

  • 開館10年 工夫凝らし啓発

    エコ暮らし未来館

    開館10年 工夫凝らし啓発 文化

    「環境考える裾野広げる」

     かわさきエコ暮らし未来館(川崎区浮島町/武田薫施設長)が8月6日に開館10周年を迎える。地球環境やエコへの取り組みなどを学べる体験型の施設。脱炭素の推進など社...(続きを読む)

    7月30日号

  • 「不登校考える」親の会発足

    「不登校考える」親の会発足 社会

    8月8日、教文で集会

     不登校の子どもを持つ親同士が、体験を語り合い情報を共有する「親の会」が川崎区で発足する。川崎区の山中治子さん(53)=人物風土記で紹介=と幸区の城谷創一さん(...(続きを読む)

    7月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook