平塚版 掲載号:2016年12月8日号

神奈川県の銃砲刀剣類登録審査委員として活動する

杉山 治男さん

南金目在住 72歳

刀剣が語る歴史 読み解く

 ○…民家の蔵や天井裏などから発見された刀を、県から依頼を受けて鑑定する銃砲刀剣類登録審査委員を62歳から務めている。「依頼される9割は錆びて刃が真っ赤になってしまっている。目視で見ていきます」。太平洋戦争時には車の部品や線路などに刃を付けた、粗悪品が出回っていたこともあり、美術品として扱うことのできる日本刀かどうかを判断する。日本刀と認められると、県から銃刀法の登録書が発行され、各家庭に伝わるものとしての所持が認められるという。

 ○…刀の魅力に気づいたのは幼少期。鎌倉の叔母の家を訪ねる度に通りかかった刀屋で日本刀を見かけ、幼いながらもその美しさに見惚れた。「刀に焦点を当てると、その時代の豊かさや、武将の人柄も見えてくる」と、歴史好きに拍車がかかった。馴染みの刀屋に、当時平塚にいた人間国宝の研ぎ師、永山光幹さんを紹介してもらい、公民館で開催されていた勉強会に参加したのが28歳の時。「鑑定のポイントや刀の作法を教わった。贅沢でしたね」と懐かしむ。

 ○…刀剣鑑定のほかにも、明治大学のOB会、金目エコミュージアム歴史部会など、手帳には予定がびっしり。忙しい毎日の合間に、愛犬の散歩と畑仕事も忘れない。毎年100玉作るというスイカは、地元の友人などに配るのが恒例だ。「美味しい時期を逃してしまうから」と、門外不出のノートには日々の作物の記録が綴られている。「35日で食べ頃になるとわかってきたんですよ」と喜ぶ。

 ○…日本美術刀剣保存協会湘南支部として2カ月に1回、商工会議所で勉強会も開いている。「最近ではマンガの影響なのか、若い女性も多い。チャンスです」と、若手育成に力を注ぐ。「美術品は思っているよりもたくさんのことを物語る。見方や知識を残していきたい」。かつて自分もそうだったように、刀剣や歴史の謎を一つひとつ紐解くおもしろさを伝える。

関連記事powered by weblio


平塚版の人物風土記最新6件

大関 めぐみさん

「フードバンクひらつか」を立ち上げ、食品ロスと貧困の問題に取り組む

大関 めぐみさん

9月21日号

松浦 貞雄さん

小学生バレーボールクラブ「神田ジュニア」の監督を30年以上務める

松浦 貞雄さん

9月14日号

袴田 明典さん

ピースハウスボランティアの会の会長を務める

袴田 明典さん

9月7日号

田中 弘士さん

「日本六百名山」「日本百高山」を踏破した

田中 弘士さん

8月31日号

桑本 真綾さん

「世界ローラースポーツ選手権大会」に出場する

桑本 真綾さん

8月24日号

中込 孝規さん

「世界とつながるダンス教室」を開校した

中込 孝規さん

8月17日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク