神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
旭区版 掲載号:2011年12月8日号 エリアトップへ

ズーラシア バリーバが仲間入り ホッキョクグマ 繁殖へ

社会

掲載号:2011年12月8日号

  • LINE
  • hatena
ズーラシアに到着したバリーバ(=同園提供)
ズーラシアに到着したバリーバ(=同園提供)

 よこはま動物園ズーラシア(上白根町)に11月29日、愛媛県立とべ動物園からメスのホッキョクグマ「バリーバ」が新しく仲間入りした。

 バリーバは人工哺育で育ったホッキョクグマとして知られる「ピース」の母親。

 ズーラシアでは今年5月末にメスのチロが亡くなって以来、オスのジャンブイ1頭のみの飼育となっていた。バリーバも繁殖相手がいない状況にあったことから、(社)日本動物園水族館協会が推進する「ホッキョクグマ繁殖プロジェクト」により、ズーラシアへの”縁談”が決まった。一般公開は年明け以降を予定。

 ジャンブイ19歳、バリーバ20歳と年齢も近い2頭。ホッキョクグマの平均寿命は25歳と言われているが、出産の可能性は期待できるという。 今回、繁殖が成功すれば、ズーラシアでは開園以来初のホッキョクグマの赤ちゃんが誕生することになる。

 ホッキョクグマの日本国内飼育数は46頭(昨年12月31日時点)で、絶滅危惧II種に指定されている。
 

旭区・瀬谷区版のローカルニュース最新6

区民らの力作約150点が並ぶ

7月17日から瀬谷区美術展

区民らの力作約150点が並ぶ

瀬谷駅南口直結のあじさいプラザで

7月15日

サンキャット横浜が、保護猫の譲渡会を実施

サンキャット横浜が、保護猫の譲渡会を実施

8月3日、横浜市旭区役所4階の旭公会堂で

7月13日

人気アニメ「パウ・パトロール」が横浜に 7月19日からイベント

南本宿小、万騎が原小の児童が合同田植え

夏の交通事故防止運動に合わせ、横浜市旭警察署が相鉄線二俣川駅前で呼びかけ

各区への意見 Webで募る

各区への意見 Webで募る

横浜市がプラットフォーム開設

7月13日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

旭区・瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook