旭区版 掲載号:2018年8月9日号
  • LINE
  • hatena

旭消防署 聴覚障害者に救急訓練 専用AEDも使用

社会

専用AEDで訓練する参加者
専用AEDで訓練する参加者

 旭消防署が7月27日、聴覚に障害がある人に対して初めて救急訓練を同署で行った。モニター上に指示が表示される専用のAEDも使用。救急時に遭遇したとき、障害の壁を超えて対応できるようにすることがねらいだ。

♢♢♢

 今回の訓練を企画したのは、市沢消防出張所の西川厚所長。きっかけは、聴覚障害者専用のAEDの存在を知ったことだった。「音声メッセージでAEDの使用方法が分かるというが、『耳の聞こえない人はどうするのか』と疑問に思い調べたところ、見つけた。家族や外出先で近くにいる人が倒れたとき、救急車が到着するまでの間に処置ができるように」と目的を話す。

 当日は聴覚に障害がある5人が参加。画像を見ながら、旭消防署の署員による説明を受けた後、旭消防団員から救急処置の指導を受けた。

 周囲の人に聴覚障害者であることを気づいてもらえるように、西川所長が作成した「SOSカード」も使用。腹部や胸部の動きから呼吸を確認後、心臓マッサージや人工呼吸の方法を指導された。

 AEDの指導では、モニターが表示する指示に従って処置。西川所長は参加者に対し、「救急車到着までの数分間に処置できれば、救命率は上がる。できることをしてもらえたら」と呼びかけた。

 聴覚障害者専用のAEDがある場所はケースに耳のマークが描かれているが、「置かれているところは少ないのが現状。更新のタイミングなどで、普及できれば」と西川所長は話していた。
 

旭区版のトップニュース最新6件

独自のBD(ビッグデータ)活用を推進

昨年、過去最少を記録

旭区内火災件数

昨年、過去最少を記録

1月17日号

2,474人が門出

旭区の新成人

2,474人が門出

1月10日号

シニアと女性の活躍応援

中尾小が歯科医師会長賞

全日本優良校表彰

中尾小が歯科医師会長賞

1月1日号

「希望に満ちた横浜に」

1/20家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

桂きもの学院/きもの和五十鈴

1月12日(土)・13日(日)・15日(火)、「無料体験&説明会」

http://jtti.jp/katura/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民公開講座

市民公開講座

聖マリ西部病院で全3回

1月23日~3月27日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク