神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
旭区版 公開:2022年1月20日 エリアトップへ

珈琲工場&百屋 フェアトレードを身近に 障害者も袋詰めを担当

社会

公開:2022年1月20日

  • LINE
  • hatena
フェアトレード商品を手にする西山さん(右)とスタッフ
フェアトレード商品を手にする西山さん(右)とスタッフ

 出版社・(株)世織書房(伊藤晶宣代表)=西区=の一部門で、白根に店舗を構える「珈琲工場&百屋」ではフェアトレードのコーヒー豆を扱っている。同店が直接輸入する「フィリピンコーヒーバアヤン村」が昨年12月に仕入れられ、店舗で勤務する障害者も袋詰め作業などを担当している。

 フェアトレードは、開発途上国の製品を適正価格で継続的に購入することで、立場の弱い途上国生産者の生活改善と自立を目指す貿易の仕組み。

 同店舗では、フィリピンコーヒーバアヤン村のほかラオス、ペルー、コロンビア、グアテマラ、東ティモール、キリマンジャロのフェアトレードコーヒー豆を仕入れているほか、紅茶、チョコレート、フェアトレードのスパイスを使った自社製品のオリジナルカレーを取り扱っている。

20年前から豆仕入れ

 珈琲工場&百屋では1990年の創業時から、「まちにあるお店の中で障害のある人に働いてもらい、地域と障害者の距離を縮めよう」と障害者をスタッフとして受け入れてきた。その後、勤務を希望する障害者が徐々に増え、現在は曜日ごとに1日1人、総勢5人が店舗に勤める。各々普段は別の地域作業所に通っており、担当の曜日に出向の形で勤務している。

 今回のフェアトレードコーヒーも、障害のあるスタッフがドリップバッグに計量したコーヒー粉を袋詰めする作業を担当。ラベルデザインは地域作業所・カプカプ川和=都筑区=のメンバーが、フィリピンに生息するヤマネコをイメージし手掛けた。西山哲也販売部長は「フェアトレードが一般的ではない約20年前からコーヒー豆を仕入れてきた。店舗では障害のある人も働いており、弱い立場という点でフェアトレードの意義と通じるものがある」と話す。

旭区・瀬谷区版のローカルニュース最新6

横浜市旭区白根の知的障害者を総合的に支援する社会福祉法人白根学園園庭で夏祭り

横浜市内の上半期火災死者 過去10年で最多の16人

横浜市内の上半期火災死者 過去10年で最多の16人

火災警報器未設置のケースも

7月19日

手足口病 警報レベルで流行中

手足口病 警報レベルで流行中

横浜市衛生研究所が手洗いの励行を呼び掛け

7月19日

気軽にジャズを楽しんで

第2回横濱瀬谷ミュージックスクエア

気軽にジャズを楽しんで

瀬谷公会堂で7月20日に

7月19日

福島の桃や「ままどおる」が販売される復興応援マルシェ

「転ばぬ先の杖」で健康に

「転ばぬ先の杖」で健康に

旭区医師会 岡田孝弘会長

7月18日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

旭区・瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

旭区・瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook