旭区版 掲載号:2022年1月20日号 エリアトップへ

珈琲工場&百屋 フェアトレードを身近に 障害者も袋詰めを担当

社会

掲載号:2022年1月20日号

  • LINE
  • hatena
フェアトレード商品を手にする西山さん(右)とスタッフ
フェアトレード商品を手にする西山さん(右)とスタッフ

 出版社・(株)世織書房(伊藤晶宣代表)=西区=の一部門で、白根に店舗を構える「珈琲工場&百屋」ではフェアトレードのコーヒー豆を扱っている。同店が直接輸入する「フィリピンコーヒーバアヤン村」が昨年12月に仕入れられ、店舗で勤務する障害者も袋詰め作業などを担当している。

 フェアトレードは、開発途上国の製品を適正価格で継続的に購入することで、立場の弱い途上国生産者の生活改善と自立を目指す貿易の仕組み。

 同店舗では、フィリピンコーヒーバアヤン村のほかラオス、ペルー、コロンビア、グアテマラ、東ティモール、キリマンジャロのフェアトレードコーヒー豆を仕入れているほか、紅茶、チョコレート、フェアトレードのスパイスを使った自社製品のオリジナルカレーを取り扱っている。

20年前から豆仕入れ

 珈琲工場&百屋では1990年の創業時から、「まちにあるお店の中で障害のある人に働いてもらい、地域と障害者の距離を縮めよう」と障害者をスタッフとして受け入れてきた。その後、勤務を希望する障害者が徐々に増え、現在は曜日ごとに1日1人、総勢5人が店舗に勤める。各々普段は別の地域作業所に通っており、担当の曜日に出向の形で勤務している。

 今回のフェアトレードコーヒーも、障害のあるスタッフがドリップバッグに計量したコーヒー粉を袋詰めする作業を担当。ラベルデザインは地域作業所・カプカプ川和=都筑区=のメンバーが、フィリピンに生息するヤマネコをイメージし手掛けた。西山哲也販売部長は「フェアトレードが一般的ではない約20年前からコーヒー豆を仕入れてきた。店舗では障害のある人も働いており、弱い立場という点でフェアトレードの意義と通じるものがある」と話す。

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

旭区版のローカルニュース最新6

法改正でイベント開催

運転免許センター

法改正でイベント開催 社会

寺尾聰さんが登場

5月19日号

3年ぶりの生け花展

あさひ茶花道協会

3年ぶりの生け花展 文化

21・22日 サンハート

5月19日号

県銘菓を一挙公開

県銘菓を一挙公開 社会

レアリア内特設ページで

5月19日号

「避難行動計画の作成を」

横浜市

「避難行動計画の作成を」 社会

「マイ・タイムライン」認知度低く

5月19日号

障がい者の働く機会応援

憲章Tシャツ

障がい者の働く機会応援 社会

売上の一部が工賃に

5月19日号

家庭菜園のススメ

特別コラム

家庭菜園のススメ 社会

野菜ソムリエプロ 市内在住・緒方湊さん

5月19日号

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook