神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
旭区・瀬谷区版 公開:2024年4月11日 エリアトップへ

親子のひろばまんま(瀬谷区) 「居場所」担い20年 25日から周年行事

社会

公開:2024年4月11日

  • X
  • LINE
  • hatena
多くの親子が訪れる
多くの親子が訪れる

 子育て中の母親などが気軽に集える「親子のひろば まんま」(瀬谷区瀬谷4の7の19)が開設20周年を迎えた。運営者のNPO法人まんま(金子真澄理事長)では4月25日(木)から27日(土)にかけて周年記念イベントを開き、利用者や地域住民とともに節目を祝う。

 金子理事長によると、「まんま」は親や子どもが安心して過ごせる常設型の居場所づくりを目指し、2004年2月に瀬谷駅南口近くの空き店舗で開所した。その名前には「ごはん」「ママ、お母さん」という意味に加え、「あなたのまんまでいいんだよ」というメッセージが込められている。10年に瀬谷銀座通り沿いにある現在のビルに移転した。

 ひろばの対象は未就学児と保護者や妊婦。子育てや地域の情報を発信し、育児中の悩みや不安の相談にも応じる。これまでの会員数は約900人に上り、22年度は約1100組、2300人を超える利用があった。また、同法人では、子どもの発達などに関する相談事業を定期開催するほか、地域住民向けのシェアスペース事業なども手がけている。

つながり創出

 3日間にわたり行われる周年イベント。25日は駄菓子屋とカプセルくじのミニ縁日がオープンする(午後3時〜6時30分)。26日(金)はタイと中国料理の弁当や天然酵母パンが販売される「ワールドカフェ」(午前11時〜午後2時/数量限定で無くなり次第終了)を開催。アナログゲームや積み木、塗り絵などを楽しめる「あそべるあえる」(午後3時〜5時)も予定されている。最終日となる27日はセレモニー(午前10時から30分間)を行う。また、広場は3日間とも開かれる。

 自身も開所当時の利用者だったという金子理事長は20周年について、「多くの方々のご協力がありました。ひろばを必要としてくれる人たちがいるからこそ、これまで続けてこられた」と感謝の気持ちを抱く。今後については「これまで以上に地域のつながりを作れる場所でありたい」と、障害者や外国にルーツのある人などへの支援拡大にも意欲を見せている。

 周年イベントに関する問い合わせなどは同法人【電話】045・303・5393へ。

旭区・瀬谷区版のトップニュース最新6

新型はしご車を導入

瀬谷消防署

新型はしご車を導入

迅速な活動へ

5月23日

全国大会でダブル優勝

創作和太鼓集団打鼓音

全国大会でダブル優勝

一般と中学の2部門

5月23日

家庭との連絡法を統一

横浜市立学校

家庭との連絡法を統一

アプリ活用で新システム

5月16日

生徒の自己肯定感育む

旭陵高校

生徒の自己肯定感育む

自死や不登校の防止へ

5月16日

耐震適合率は7割

横浜市主要水道管

耐震適合率は7割

国の調査、全国平均超え

5月9日

ヘルプマーク普及に一役

星槎高校生徒

ヘルプマーク普及に一役

意思表示のシール作成

5月9日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月9日0:00更新

  • 5月2日0:00更新

旭区・瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

旭区・瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook