神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
旭区・瀬谷区版 公開:2024年4月11日 エリアトップへ

横浜・人・まち・デザイン賞 森ラボ(旭区)が受賞 地域住民と芸術作品制作

文化

公開:2024年4月11日

  • X
  • LINE
  • hatena
多くの住民が活動に参加した=提供写真
多くの住民が活動に参加した=提供写真

 横浜市はこのほど、「第11回 横浜・人・まち・デザイン賞」として、市内で地域まちづくりに関して著しい功績のあった活動など11件を表彰。旭区内からは「GROUP創造と森の声」(石山克幸代表)が行い、地域住民と芸術作品制作に取り組んでいる「森ラボ」が地域まちづくり部門で表彰を受けた。

 横浜・人・まち・デザイン賞では、魅力あるまちづくりをより広げていくことを目的に、市内で地域まちづくりを推進する活動や、都市景観の創造・保全に寄与した街並みを構成する建造物などを表彰している。今回は、地域まちづくり部門として「森ラボ」を含む7件、まちなみ景観部門として4件選出した。

 「GROUP創造と森の声」は、里山ガーデン(旭区上白根町)近隣の保全林で、森づくりを兼ねて伐採した木や枝を使ったワークショップを実施するなど、地域住民を巻き込んだ「森ラボ」という活動を行っている。また、地域住民も参加して木材を用いたアート作品を制作し、森の中で展示している。

 石山代表は「自然とアートと仲間のつながりによって、多様な地域文化を目指したことが受賞につながったと思う」と受賞への喜びを口にした。

森の保全も

 同団体は、1997年に作家ら約10人が、森の中でアート作品を展示する目的で結成。現在の里山ガーデンの一帯を拠点として、野外美術展などを実施してきた。

 その後は展示に加え、ワークショップも行うようになった。「作品の展示だけでは敷居が高いと思い、美術と地域の人たちを結ぶためにワークショップをするようになった」と石山代表。その後は「子ども連れが参加するようになり、アートを身近に感じてくれるようになったと思う」と振り返る。

 ワークショップへの参加だけでなく、ボランティアとして活動を支援する住民も現れ始め、地域に浸透していった。

 9年ほど前に、里山ガーデンの整備に伴い現在の拠点に移ったが、「ジャングルのような、危険で入りにくい場所だった」(石山代表)。数年前からはナラ枯れも深刻な問題となっていたため、森の再生にも重きを置いて活動を進めてきた。石山代表は「森の中の作品は枯れ木や倒木などを用いており、森づくりが活動のベースとなっている」と語った。

「もっと参加を」

 森の保全には地域住民も参加しているが、まだ人手は足りていないとのこと。石山代表は「もっと集まってほしい」と危機感を募らせる。森づくりを行う「森のボランティア活動」は、4月から順次開催中。募集対象は小学3年生以上。

 アートワークショップは里山ガーデン入り口のブースで、4月28日(日)、5月3日(祝)・5日(日)に開催される。詳細や申し込みなどは同団体【電話】045・933・1460。

ナラの木を用いた「切り株でダンス」
ナラの木を用いた「切り株でダンス」

旭区・瀬谷区版のトップニュース最新6

家庭との連絡法を統一

横浜市立学校

家庭との連絡法を統一

アプリ活用で新システム

5月16日

生徒の自己肯定感育む

旭陵高校

生徒の自己肯定感育む

自死や不登校の防止へ

5月16日

耐震適合率は7割

横浜市主要水道管

耐震適合率は7割

国の調査、全国平均超え

5月9日

ヘルプマーク普及に一役

星槎高校生徒

ヘルプマーク普及に一役

意思表示のシール作成

5月9日

「農」の魅力伝える

瀬谷区

「農」の魅力伝える

8日、初のせやまる市場

5月2日

子育てに「ゆとり」創出

山中市長インタビュー

子育てに「ゆとり」創出

直接支援で実感へ

5月2日

全国展開だから安心査定

金・各種貴金属類・腕時計・切手・古銭などお気軽にどうぞ!

https://akuwa-otakaraya.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月9日0:00更新

  • 5月2日0:00更新

旭区・瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

旭区・瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook