神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
神奈川区版 公開:2020年3月12日 エリアトップへ

女性起業家和田さん 快適雨具 アイデアきらり 収納ポーチとポンチョ開発

社会

公開:2020年3月12日

  • X
  • LINE
  • hatena
ポンチョを身に着ける和田さん(左)
ポンチョを身に着ける和田さん(左)

 子育てママの視点を生かした商品などを開発するホルドナ(和田美香代表)=六角橋=が、子どもでも簡単に雨具を着用できる収納ポーチ「かっぱっぱ」とポンチョのセットを売り出す。製造資金調達のためにクラウドファンディングを活用し、3月16日まで賛同者を募っている。

 和田さんは10年ほど前、当時小学校1年生だった長男が「レインコートを着るのが面倒」と雨に濡れて帰ってきた姿を見て、かばんに取り付けられ、ランドセルの中から取り出すことなくすぐに着られる雨具用のポーチを考案した。

 発明コンクールにアイデアを応募したところ、1600点の中から15位以内に入賞。2018年には、女性目線の優れた商品を県が認定する「なでしこブランド」に選ばれ、特許も取得した。商品化を目指し、一念発起して立ち上げたホルドナでは、仲間の子育てママたちと手縫いで商品を製作してきた。

 斬新なアイデアはメディアからも注目を集めるようになり、手作りから工場生産に切り替え量産体制を整えた。これまではポーチのみの販売だったが、雨具とのセット販売を希望する声を受け、大人用・子ども用ポンチョも開発した。

 子ども用は背中にマチを設けてランドセルを背負ったまま着られ、すそ丈の長さ調節により高学年まで使えるよう工夫した。自転車に乗る際の快適性にこだわった大人用は、ポンチョのすそを自転車のハンドル下に留めることで膝周りが濡れるのを防ぎ、手と指をカバーする形状によりハンドルを握る手元も濡れにくい設計だ。

 セット販売に向け、インターネット上で資金提供を募るクラウドファンディングを利用して商品化を目指している。一口千円から支援を受け付けており、金額に応じて実際の商品を提供するという。3月16日(月)締切。

【URL】https://www.holudona.com/

神奈川区版のトップニュース最新6

災害に強い住まいを

大和ハウス 大東建託

災害に強い住まいを

防災センターでイベント

7月11日

市、テレビで自動通知

緊急情報

市、テレビで自動通知

事業促進へ端末費用補助

7月11日

コロナ前水準に回復

横浜市観光客数

コロナ前水準に回復

前年2割増の3600万人

7月4日

2大会ぶり「伊勢路」切符

神奈川大学駅伝チーム

2大会ぶり「伊勢路」切符

新監督就任半年で結果

7月4日

地域の花壇を守る

神之木地区住民有志

地域の花壇を守る

京浜電設(株)も支援

6月27日

児童虐待対応 過去最多に

横浜市

児童虐待対応 過去最多に

初めて1万4千件超える

6月27日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月6日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook