神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
神奈川区版 公開:2023年11月16日 エリアトップへ

神奈川大学陸上部 内藤未唯さんが全国V 35Km競歩、初挑戦で快挙

スポーツ

公開:2023年11月16日

  • X
  • LINE
  • hatena
美しいフォームで歩く内藤選手(5月の関東インカレ=同部提供)
美しいフォームで歩く内藤選手(5月の関東インカレ=同部提供)

 神奈川大学陸上部に所属する内藤未唯さん(人間科学部3年)が10月22日、山形県で行われた「第60回全日本35Km競歩高畠大会」で、一般女子35Km競歩の部で優勝を果たした。

日本歴代3位

 これまでは20Kmの部で戦っていた内藤さんにとって、初の35Kmでの出場となった。「夏場から月間の歩行距離も伸ばして練習してきた。自分の実力や適性を確認するためのチャレンジだった」と内藤さんは話す。

 北国でのレースは、寒さとの戦い。両手にカイロを握りながら、順調なペースを刻みリードを広げた。終盤はフォームへの警告もあり、少し守りの歩きになったが、2時間50分35秒の日本歴代3位の好タイムでフィニッシュした。「男子選手が声もかけてくれて引っ張ってくれた。自己評価は90点だけど、練習してきたことが間違っていないと自信になった」と笑顔で振り返る。

継続は力なり

 中学では軟式テニス部ながら、陸上の長距離にも出場。高校では当初は陸上部のマネージャーだったが、「当時は大会の緊張が嫌で。でもみんなの姿を見て、やっぱり自分もやりたい」と、自信のあった体力を生かせる競歩に挑戦した。

 高校で全国9位に入ると、大学1年の3月に学生選手権で日本一に。その後はシニア選手も出場する大会でも表彰台に立ち、「日本代表も夢から目標に変わっていった」と実力を高めてきた。

 大学の陸上部では、競歩の選手は自身のみ。決して恵まれた環境ではない中、日々の練習も一人で黙々とキャンパス周辺等を歩く。コーチの大村公一さんは、「やるべきことを考えて、それを実践する力は群を抜いている」と評価する。

 次の目標は2月の日本選手権。オリンピック種目の20Kmで代表選考もかかる重要な一戦だ。「目標はトップ3。少なくとも学生では1位を取りたい」と、現在は筋力トレーニングでスピード強化に取り組む。好きな言葉は『継続は力なり』。栄光の瞬間を目指し、今日も努力を積む。

神奈川区版のローカルニュース最新6

神奈川公会堂にハワイの風 8月3日(土)にパフォーマンスイベント

横浜市内の上半期火災死者 過去10年で最多の16人

横浜市内の上半期火災死者 過去10年で最多の16人

火災警報器未設置のケースも

7月19日

手足口病 警報レベルで流行中

手足口病 警報レベルで流行中

横浜市衛生研究所が手洗いの励行を呼び掛け

7月19日

パウ・パトロールが横浜市に出動 国内初のコラボイベント

パウ・パトロールが横浜市に出動 国内初のコラボイベント

オープニングセレモニーには、チェイス&マーシャルも登場

7月19日

福島の桃や「ままどおる」が販売される復興応援マルシェ

障害者駐車区画に利用証

障害者駐車区画に利用証

市が新制度導入

7月18日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月6日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook