さがみはら緑区版 掲載号:2012年8月23日号
  • googleplus
  • LINE

北條慈音君 「1年イキタヨ」 順調に回復

 重度の脳性マヒによるハンディ(四肢体幹機能障害)を抱える北條慈音(ほうじょうじおん)君(南区当麻/17)が誤嚥による心肺停止で緊急入院してから1年が経過した。

 「ジゴクだった」と慈音君が話すよう、当初入院した大学病院での容体は深刻だった。しかし、その後、古巣の病院へ転院。帰宅後は「在宅オールスターズ」に支えられ、徐々に本来のペースを取り戻しているようだ。

 慈音君はカタカナの文字盤を愛用していたので、彼の言葉を綴(つづ)る時、カタカナで表現する方が相応(ふさわ)しいそう。「1年イキタヨ」。お盆の法要前日(8月3日)に慈音君はそう話したという。「おかげさまで生きています」(里恵さん)。

 慈音君は蓮向寺(れんこうじ)・北條不可思(ほうじょうふかし)住職の長男である。不可思さんはシンガーソングライターでもあり、これまでの数々の作品を発表。市内でもライブ活動を行ってきた。しかし一昨年、小脳梗塞で倒れる。現在は、「我が身を通して『後遺症』の意味を教えられている」という。なお、月1回のカノ・バンドとのレコーディングは順調で、来秋には「縁絆(えんばん)コンサート相模原」を計画している。
 

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6件

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク