さがみはら緑区版 掲載号:2016年2月11日号 エリアトップへ

橋本の防災を考える 2月14日(日) ソレイユさがみ

経済

掲載号:2016年2月11日号

  • LINE
  • hatena

 橋本地域住民防災検討会主催の「マグニチュード7・3首都直下地震〜あなたと家族を守るために、防災力=備え×地域コミュニケーション」が2月14日(日)、午後1時半(1時受付開始)から4時、ソレイユさがみセミナールーム1(イオン橋本6階)で開催される。入場無料。

 当日は、(株)TALО都市企画計画代表の飯田太郎氏による特別講演「行政の新しい動きを見据えた”地域コミュニティと防災共助を目指す”」を開催。その後、相模原市危機管理課の大橋健介主任を講師に「相模原市の防災事業について」を学ぶ予定になっている。同検討会代表の岩間一昌氏は「昨年5月、総務省は県や政令市に対し通知を出し、大規模な地震の際に周辺住民が逃げ込んできた時に受け入れてくれるよう、マンションの管理組合と事前に協議する準備をするよう勧めました。マンションは水、食料や必要な物資を備蓄し、避難所にすることが可能なところもあります。これからの地域防災はマンション住民も地域住民もお互いに助け合い、出来ることを互いに分担し力を合わせて乗り切っていかなければ、皆の安全は守れません」と参加を呼び掛けている。

 申込不要で直接会場へ。詳細は岩間代表までメールkk-iwama@amber.plala.or.jpで問い合わせを。

日本墓石店100選の店

峰山霊園ほか墓石施工。安心の地元石材店!

https://satosekizai.co.jp/

<PR>

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

相模原をバスケの聖地へ

1月発足「相模原プロセス」

相模原をバスケの聖地へ スポーツ

トップリーグ参入めざす

11月19日号

ポニーと住民がふれあい

ポニーと住民がふれあい 社会

若葉台住宅を考える会

11月19日号

自転車事故に気をつけて

自転車事故に気をつけて 教育

城山高校で実演指導

11月19日号

雨乞山にドラム缶5基

雨乞山にドラム缶5基 社会

防火用 串川財産区が設置

11月19日号

食材配布で子育て応援

相模原市

食材配布で子育て応援 社会

ひとり親家庭など対象に

11月19日号

日本の歩む道は

演説大会

日本の歩む道は 教育

11月28日 杜のホールはしもと

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク