さがみはら緑区版 掲載号:2017年2月23日号 エリアトップへ

「愛情注入」手作り豆腐 広田小児童が体験学習

教育

掲載号:2017年2月23日号

  • LINE
  • hatena
熱い「呉」を工夫しながら絞った
熱い「呉」を工夫しながら絞った

 市立広田小学校(広田/石坂美智子校長・児童数362人)の3年生58人が2月17日、食文化を学ぶための総合学習として、豆腐作りを行った。

 市北部に位置する小松・城北地区の里山保全活動を行っている「『小松・城北』里山をまもる会」(樋口圭一会長)の協力のもと、児童は年間を通じて津久井在来大豆を栽培。そのまとめとして、収穫した大豆を原料とする豆腐作りに挑戦した。

 当日は、中央区矢部にある越後屋豆腐店の西條政夫代表が作り方を指南。「ものを作る時に一番重要なのは、愛情を込めること」とコツを伝授した。手伝いに来た保護者の手を借りながら、児童はまず大豆をミキサーにかけて「呉」に。その後、まだ青臭さの残る呉を火にかけると、だんだんと甘い香りが立ち込めた。それをギュギュっと絞って豆乳にし、ニガリを入れたボールに一気に流し込み、静かに混ぜて約10分。熱々で、ふわふわの手作り豆腐が完成した。

 できた豆腐はみんなで味見。作業の工程で分離して残ったおからまで、モグモグと食べる児童も。自作の豆腐について児童からは、「甘くておいしい」「スーパーで買ったものより自分たちで作ったほうがおいしい」「醤油をかけなくても味がある」といった感想が聞かれた。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

協同病院に約3700万円

協同病院に約3700万円 社会

地元有志がクラファン実施

2月25日号

高齢者施設は訪問接種に

コロナワクチン

高齢者施設は訪問接種に 社会

クラスター防止で対策

2月25日号

東京五輪へ 弾みの3冠

東京五輪へ 弾みの3冠 スポーツ

競泳・小堀さん 優勝を報告

2月25日号

名称・森ラボに決定

名称・森ラボに決定 経済

藤野テレワークセンター

2月25日号

新スタジアム 要望書提出

HT4チーム

新スタジアム 要望書提出 スポーツ

10万4千超の署名集まる

2月25日号

「初めてのJ2、楽しみたい」

2021開幕、三浦文丈監督インタビュー

「初めてのJ2、楽しみたい」 スポーツ

目標は勝ち点50

2月25日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク