さがみはら緑区版 掲載号:2018年1月18日号 エリアトップへ

インフル「注意報レベル」に 昨年より2週早く

社会

掲載号:2018年1月18日号

  • LINE
  • hatena

 市は5日、市内のインフルエンザ罹患者の報告数が国の定める「注意報レベル」を超えたことを発表した。

 市では市内39カ所の医療機関を「定点医療機関」とし、インフルエンザなど感染症の発生状況を1週間ごとに集計。その1定点医療機関あたりの報告数によって「注意報」「警報」レベルとしている。今回、第52週(2017年12月25日〜31日)の報告数が前週の7・61からおよそ2倍の13・68となり、「注意報レベル」である10人を超えた。これは平年に比べやや早く、昨年よりも2週早い。特に、市役所周辺地域(中央区)、橋本・大沢・城山地域(緑区)、大野南・東林地域(南区)の増加が目立っている。

 インフルエンザのピークは一般的に2月頃とされ、今後、さらなる流行の恐れがある。  (1月15日時点)

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

一年を安全に

一年を安全に 文化

佛光寺で相陽建設が祈念

1月21日号

「ジュニア世代」へ寄付

相模原出身プロゴルファー

「ジュニア世代」へ寄付 社会

昨年末、所属した協会経て

1月21日号

コロナ禍でもワークショップを

【Web限定記事】アートラボはしもと

コロナ禍でもワークショップを 文化

ラボックスプログラム参加学生募集

1月21日号

コロナの想いを川柳に

コロナの想いを川柳に 経済

城山商工会青年部

1月21日号

「淵野辺卒」ランナーら活躍

「淵野辺卒」ランナーら活躍 スポーツ

青学OB 駅伝などで

1月21日号

SC相模原、後援会が発足

SC相模原、後援会が発足 スポーツ

会長に本村市長

1月14日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク