さがみはら緑区版 掲載号:2018年3月15日号 エリアトップへ

「医療・雇用の充実を希望」 シンポジウムアンケート結果

経済

掲載号:2018年3月15日号

  • LINE
  • hatena
活発な意見が出された
活発な意見が出された

 津久井商工会が2月1日に開催したシンポジウム「人と里山が共存したまちづくり構想」の来場者に対するアンケート調査の結果がこの程発表された。

 これは、高齢化・過疎化が急速に進む津久井地区の今後に必要だと思うこと、津久井里山の活用、リニア中央新幹線・鳥屋車両基地の開設予定に伴い「津久井里山駅」の開設などに対する意見を集約したもの。調査は無記名、任意による提出方式で行われ182人の来場者中79人(回答率43・4%)の回答を得ている。

 来場者の構成は、9割が市内、男性8割、50〜70代の中高年が7割、津久井地区での居住年数「10年以上」が8割を占めている。

■9割が将来に不安

 アンケート調査では、『津久井地域に対する将来の不安』では、強く・やや不安を感じる、を合わせて9割近くが不安と回答した。3年前同会が行った調査では「不安」は8割だったので、住民の危機感がより強くなっている結果となった。

 『津久井には今後、何が必要か』では医療福祉との連携、雇用の充実、商業施設の充実、地域外からの移住などが上位を占めた。個別の意見では、子育て世代の雇用の確保、居住人口の増加、移住者の受け入れ促進、医療福祉、生活道、商業と自然が共生したまちづくり、津久井の『核』の創造などの意見が見られた。

■86%が新駅開設を希望

 『津久井里山駅の新設を要請するか』では、強く・やや同意する、を合わせて86%が新設を望んでいる結果となった。個別の意見では、新駅の開設により観光面のPR、橋本駅へのアクセスの向上、地域発展への寄与など肯定的な意見の反面、リニア自体への反対や、実現が現実的でない、自然に対する影響が心配などの慎重・反対意見も見られた。

 関戸昌邦津久井商工会長は「リニアの開通により交通の便も飛躍的に増し、津久井は非常に大きなポテンシャルを秘めた地域になります。津久井の原点である”水源文化都市構想”を軸に、自然と共生したまちづくりを住民と共に進めていきたい」と話した。問い合わせは、津久井商工会【電話】042・784・1744へ。
 

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

打楽器に親しんで

打楽器に親しんで 文化

青根で演奏家が体験講座

1月16日号

潜在看護職の復職支援

潜在看護職の復職支援 社会

病院協会が2月に相談会

1月16日号

台風被害の被災者へ支援

台風被害の被災者へ支援 社会

宅建相模北支部が寄付金

1月16日号

園児30人が芋堀体験

園児30人が芋堀体験 教育

レストラン「栗の里」の畑で

1月16日号

普通車は県道で行ける

日帰り温泉「いやしの湯」

普通車は県道で行ける 経済

1月16日号

雨宮知子さんが歌う

雨宮知子さんが歌う 文化

19日 津久井中央公民館で

1月16日号

課題解消に全力を

課題解消に全力を 経済

相模原商工会議所

1月16日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク