さがみはら緑区版 掲載号:2019年1月1日号 エリアトップへ

(PR)

橋本の2つの医院から新たな歯科医療を発信

掲載号:2019年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 2014年4月に橋本駅北口にエンドウナチュラルデンタルオフィスを開院。そして、昨年の5月に分院となるナチュラルデンタルオフィス橋本を西橋本に開院した医療法人社団Enterdo。「現在は、歯科医師10人をはじめ衛生士、技工士、管理栄養士、保育士、歯科助手、受付が在籍し、総勢39人と市内でも大きな歯医者の1つになりました」と話す。歯科医師は全員、国立新潟大学歯学部出身。ベースは同じ治療技術で、その上で各々が専門を持っている。理事長はインプラント治療と顕微鏡歯科治療が専門。昨年は海外のインプラント学会や国内のセミナーで講演する等、活躍の場を拡げる。「顕微鏡歯科治療はまだ知られていない治療ですが、小さい歯を拡大した状態で治療できるだけでなく、その場で治療した様子を動画に記録して、振り返るとすぐに患者さんがご確認頂ける治療技術です」と話す。

入れ歯は専門医と技工士が協力

 分院の伊藤院長は入れ歯治療が専門。「入れ歯の製作を専門にしている技工士と共に精密な入れ歯の提供を心掛けています」と話す。技工士が院内に常駐するのは現在の歯科では珍しいが、歯科医師と共に患者の状態をその場で確認できるので、要望を詳細に把握できる。また、「院内に最新設備を整えた技工室があり、製作日数も短縮できます」と話すなど入れ歯製作にはメリットが多い。現在30歳以上の成人は80%以上が歯周病と言われ、全身疾患との関連性も取り上げられるこの分野は、本院の新井副院長が専門にしており、歯周外科治療を中心に衛生士と共に治療に当たる。

緑区唯一の小児歯科専門医

 子どもの治療は開院時から注力。昨年から小児歯科学会専門医が加わりより強固な体制になった。治療は全て女性歯科医師が担当。「分院では小児専用の待合室・診療室があり、お子さんも親御さんも安心して通えます」。小児歯科チームには保育士が子ども預かり・赤ちゃんマッサージセミナー等で、管理栄養士は食育等で関わる。「今年から保育士・管理栄養士が主催する食育・栄養指導等のセミナーはHP上で随時案内するのでチェックしてください」と話す。

エンドウナチュラルデンタルオフィス、ナチュラルデンタルオフィス橋本

相模原市緑区橋本3-12-6、相模原市緑区西橋本4-8-40

TEL:042-703-4408
TEL:042-703-6428

http://www.endo-natural-dent.jp http://natural-hashimoto.jp

プレゼント企画実施中!

買物1000円以上でドリップバッグ珈琲贈呈!(2021年12月31日まで)

http://www.insyoku.net/hhs/

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら緑区版のピックアップ(PR)最新6

『首や腰の痛み』知って得する脊髄脊椎のお話

『首や腰の痛み』知って得する脊髄脊椎のお話

その9「腰椎椎間板ヘルニア」について【2】

11月25日号

訪問エリア拡大自宅・施設での療養支援

森田病院施設紹介【2】『訪問診療』

訪問エリア拡大自宅・施設での療養支援

11月18日号

心のこもったシクラメン

冬の部屋を彩る花・贈答用に

心のこもったシクラメン

11月18日号

千円以上で「自転車」が当たる‼

歳末3大イベント

千円以上で「自転車」が当たる‼

相原二本松商店街で開催

11月18日号

しくらめんまつり

明後日20日〜

しくらめんまつり

お楽しみ抽選会(空くじなし)開催

11月18日号

コロナと糖尿病

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

コロナと糖尿病

三成会 新百合ヶ丘総合病院

11月11日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook