さがみはら緑区版 掲載号:2019年1月31日号 エリアトップへ

EPAで来日 ベトナム人 市内の介護現場で活躍中

社会

掲載号:2019年1月31日号

  • LINE
  • hatena
研修に励むタンさん(左)とイェンさん
研修に励むタンさん(左)とイェンさん

 経済活動の連携強化を目的とする国の経済連携協定(EPA)に基づき、2008年度からインドネシア・フィリピン、12年度からベトナム人の看護師・介護福祉士候補者の受入れが実施されている。市内にも、協定で来日し国家資格の介護福祉士を目標に、日々研鑽に努める外国人の姿がある。

 大島にある特別養護老人ホーム「ケアプラザさがみはら」に勤務するホー・ティ・タンさん(26)とブー・ティ・ハーイ・イェンさん(24)。ベトナム出身の2人は、昨年8月から同施設で介護業務にあたっている。

 「自分には難しいと思ったが、先輩に教えられ徐々にできるようになってきた」とイェンさんが語れば、「利用者の方との会話が自分の祖父母と話すようで楽しい」とタンさん。2人とも「移動介助が難しい」と業務の課題を感じながらも、「2月には独り立ちできるように頑張る」と声を揃える。2人は同施設で実務経験を積み、仕事と勉強を両立させながら2022年の国家試験を目指す。

 同施設の大塚小百合施設長は、「まじめで利用者の方からの評判もとても良い」と2人の頑張りに目を細めながら、「現地の看護師資格を持つEPAの受入れは、福祉業界の進展を図る目的もあるが、介護人材不足を補う一助にもなっている。今後も積極的に受入れを進めていきたい」と話した。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

角田選手を応援しよう

F1レーサー

角田選手を応援しよう 社会

地元有志がサイト立ち上げ

6月17日号

市役所前で献血活動支援

市役所前で献血活動支援 文化

24日 宅建協会相模北

6月17日号

親しみやすい「愛称」募集

親しみやすい「愛称」募集 文化

市立環境情報センター

6月17日号

保育人材確保へ施策推進

保育人材確保へ施策推進 教育

市、独自の助成など

6月17日号

児童虐待の相談「増加」

児童虐待の相談「増加」 教育

社会的関心の高まりも

6月17日号

10個人1団体を表彰

10個人1団体を表彰 社会

2020年度 優良農業者

6月17日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter