さがみはら緑区版 掲載号:2019年4月25日号 エリアトップへ

「相模の寝姿観音」に振付 4月28日 音楽会で初披露

文化

掲載号:2019年4月25日号

  • LINE
  • hatena

 「ふれあいの館音楽会」が4月28日(日)、鳥居原ふれあいの館(鳥屋)野外ステージで開催される。主催は子田音楽工房。そこで、「相模の寝姿観音」を歌った曲『心深く…相模の寝姿観音』に付けた踊りが初めて披露される。

 石老山周辺の稜線を三ヶ木地区から眺めた時、観音様が横たわっているように見えることから、その姿は「寝観音」として古くから地元住民に親しまれている。この風景を10年ほど前から、三ヶ木在住の秋本敏明さんが『相模の寝姿観音』と名付け、ツアーガイドや、写真額にするなど地域内外に発信し続けてきた。

 そうした中で昨年、秋本さんの妻・敦子さんが詠んだ寝姿観音の短歌に、鳥屋在住の音楽家・夕凪禅次郎さんが作曲して、地元の文化祭で発表。その時に舞踊で出演していた小野寺麗子さんが曲を聴き、「この歌に振付をして踊りたい」と、約5カ月をかけて振りを完成させた。

 音楽会当日は夕凪さんがギター、妻でシンガーソングライターの子田ちとみさんがコーラス、秋本敏明さんが歌、小野寺さんが踊りを披露。小野寺さんは「曲を聴いて故郷の母を思い出し、母を思って振付をしました。万葉言葉の『あしひきの』の意味も調べました。これからも沢山の機会に踊り、相模の寝姿観音を一緒に発信したい」と話す。

 この曲は昨年、ニッポン放送でも流され、コメンテーターの山路徹氏は「心のふるさとを思いだす。ジワーっと沁みてくる」と講評している。

 音楽会は午前11時から午後3時。投げ銭制。問合せは同館【電話】042・785・7300へ。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

歴史たどるポスター展

相模原演劇鑑賞会

歴史たどるポスター展 文化

29日から、もみじホール

6月23日号

泥だらけで稲作体験

泥だらけで稲作体験 教育

千木良小で児童が田植え

6月23日号

県女性議員割合23・3%

市町村議会アンケート

県女性議員割合23・3% 政治

相模原市は21・7%

6月23日号

"水を流す常識"変えたい

"水を流す常識"変えたい 社会

「アクションが大事」 (株)ネットフィールド

6月23日号

雪辱に燃える「打倒私学」

緑球児の横顔【1】

雪辱に燃える「打倒私学」 スポーツ

県立城山高校

6月23日号

45人が献血

45人が献血 社会

ソロプチミストが声かけ

6月23日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook