さがみはら緑区版 掲載号:2020年2月27日号 エリアトップへ

地球の資源「みんなで考えて」 作の口小 JAXAと連携授業

教育

掲載号:2020年2月27日号

  • LINE
  • hatena
汚水に見立てた青い色水を綿でろ過する実験を行う児童=2月18日、作の口小学校
汚水に見立てた青い色水を綿でろ過する実験を行う児童=2月18日、作の口小学校

 作の口小学校(下九沢/松田知子校長)で2月18日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と連携した授業が行われた。

 JAXAが実施している授業連携の取り組み。今回は資源の大切さを学ばせたいという学校側の意向から、水処理企業の栗田工業(株)(東京都中野区)にJAXAが協力を打診した。JAXAと同社は水再生技術実証システムを共同開発しており国際宇宙ステーション/「きぼう」で実証実験を行っている。両者は県外の中学、高校で授業連携を行ったことがあるが小学校での実施は初めて。

 今回は「生物と環境」を題材に6年生が授業を受けた。まずJAXA宇宙教育センターの野村健太さんが宇宙のことや地球の暮らしとの違いなどを説明し、資源や水の大切さへと話を展開。続いて栗田工業の松尾勇志さんが呼気や汗、尿などを「きれいな水」にする、開発中の次世代水再生装置について解説した。

 その後、児童らは綿と、水再生装置に使用するイオン交換樹脂を使って実験をし青い液体の変化を観察。徐々に色が薄くなっていくビーカー内の液体を見て、「上から見るとすごい透明」などと驚きの声があがった。

 松尾さんは、「水をきれいにするのは簡単なことではありません。地球は2050年までに4人に一人が水問題で困ると言われています。一人ひとりが生活の中でできることを考えて」と呼びかけた。また、野村さんは「宇宙に興味を持つことで地球のことを考えるようになってもらえたら」と授業を振り返った。
 

津久井湖城山公園からのお知らせ

新型コロナウイルスまん延防止に伴い、「津久井城まつり」は中止になりました

http://www.kanagawa-park.or.jp/tsukuikoshiroyama/

<PR>

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

「フォトシティ」掲示板披露

「フォトシティ」掲示板披露 社会

橋本RCが寄贈

3月26日号

さくらまつり中止に

さくらまつり中止に 文化

津久井湖 水・花の苑地

3月26日号

市、橋本のPR冊子発行

市、橋本のPR冊子発行 社会

暮らしやすさ 市内外に紹介

3月26日号

鈴木俊彦さんが最優秀賞

鈴木俊彦さんが最優秀賞 文化

津久井湖記念館フォトコン

3月26日号

「避難行動に役立てて」

相模原市

「避難行動に役立てて」 社会

洪水ハザードマップ改定

3月26日号

県が男性育休ガイド発行

県が男性育休ガイド発行 社会

事例盛り込み取得を推進

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク