さがみはら緑区版 掲載号:2020年10月15日号 エリアトップへ

無錫市友好35年 続く交流 市内3カ所で紹介展示

文化

掲載号:2020年10月15日号

  • LINE
  • hatena
(上段左から)国家観光地として認定されている霊山聖地、色彩が鮮やかな泥人形(下段左から)両市が共同で無錫市に建設した「友好園」に建立された五重塔、市庁舎の紹介展
(上段左から)国家観光地として認定されている霊山聖地、色彩が鮮やかな泥人形(下段左から)両市が共同で無錫市に建設した「友好園」に建立された五重塔、市庁舎の紹介展

 相模原市と中国・無錫市が友好都市を結んで35周年となるのを記念して、相模原市役所本庁舎で「無錫市紹介展」が10月30日(金)まで開催されている。

 無錫市は面積が約4627平方キロメートル(相模原市の約14倍)、人口約659万人の都市。相模原とは1985年10月6日に友好都市となった。これまで文化、スポーツ、教育、経済などさまざまな分野で交流を続けており、約4900人が相互に訪問し、友好関係を育んでいる。

 当初は35周年の記念事業として訪中団を派遣し、友好の催事が検討されていたが、新型コロナウイルス感染拡大に伴い訪問は中止になった。35周年について両市で「友好の誓い」が交わせるよう、現在調整が進められている。

 今回の紹介展はその代替事業として行われるもので、友好都市を結んでからのこれまでの足跡を年次で示すパネルや記念品が展示される。担当する市国際課の長島雅典課長は「両市はこれまで長きにわたり交流を深めてきた。その歩みがわかる展示になっている」と話している。

 紹介展は11月3日(火)から12日(木)まで南区合同庁舎、17日(火)から24日(火)まで緑区合同庁舎でも行われる。時間は午前8時30分から午後5時まで。

 問い合わせは、同課【電話】042・707・1569へ。
 

相模原市から大切なおしらせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

魅せる和紙のコラージュ

魅せる和紙のコラージュ 文化

6月5日まで 相模湖交流センター

5月26日号

地域の交流拠点に

地域の交流拠点に 社会

森ラボが本格稼働

5月26日号

シンボルマークを配布

希少「カザグルマ」を守る

人物風土記関連記事

希少「カザグルマ」を守る 文化

地元団体が保全活動

5月19日号

日本酒の完成を報告

日本酒の完成を報告 文化

地元有志ら次回にも意欲

5月19日号

橋本図書館で「雨」の本展示

橋本図書館で「雨」の本展示 文化

6月30日まで

5月19日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook