さがみはら緑区版 掲載号:2020年11月26日号 エリアトップへ

子育てしやすい街を目指して 相模原の子育て情報サイト こみかる★きっず vol.2 色育とラン活

教育

掲載号:2020年11月26日号

  • LINE
  • hatena

 みなさんは「色育(いろいく)」という言葉をご存知ですか?子育てをしていると「食育」「木育(もくいく)」など「○○育」という言葉が目につきますよね。子育てにも流行り廃りがありますが、数年前、公民館で講座のひとつとして「色育」を取り上げました。ホントにほんのさわりのような内容だったのですが、色が心の状態におよぼす力を学びました。皿やランチョンマットの色によっておやつの量をおさえたり、その日に着る服の色によって気持ちを上向きにさせたりすることを知りました。

 話は少し変わって、「ラン活」(小学校入学を控えた子どものランドセルを選び、購入するための活動を指す造語)という言葉がありますが、色選びって悩みますよね。親と子で意見がまったく違うことも。ポイントとしては、どのメーカーのどのランドセルにするかを決めるのは親(祖父母)、お子さんに決定権があるのは色だけ、にするとうまくいくそうです。親としてはよかれと思ってお子さんと一緒に店舗を何軒も回ります。そのうちにお子さんは「これだ!」と思うランドセルに出会いますが、親としては選択肢にないこともありますよね。例えば予算・色・形状など。楽しいランドセル選びがとたんにバトルになり、最後はどちらかが折れる・・・なんてことも。どうせなら楽しい思い出になるように、子どもが自分でランドセルを選んだと思えるよう、親の意見を押し付け過ぎず子どもの気持ちをできる限り尊重してあげて欲しいな、と思います。色を通して大人も子どもも笑顔になれるといいですね。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

一年を安全に

一年を安全に 文化

佛光寺で相陽建設が祈念

1月21日号

「ジュニア世代」へ寄付

相模原出身プロゴルファー

「ジュニア世代」へ寄付 社会

昨年末、所属した協会経て

1月21日号

コロナ禍でもワークショップを

【Web限定記事】アートラボはしもと

コロナ禍でもワークショップを 文化

ラボックスプログラム参加学生募集

1月21日号

コロナの想いを川柳に

コロナの想いを川柳に 経済

城山商工会青年部

1月21日号

「淵野辺卒」ランナーら活躍

「淵野辺卒」ランナーら活躍 スポーツ

青学OB 駅伝などで

1月21日号

SC相模原、後援会が発足

SC相模原、後援会が発足 スポーツ

会長に本村市長

1月14日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク