さがみはら緑区版 掲載号:2020年12月24日号 エリアトップへ

子育てしやすい街を目指して 相模原の子育て情報サイト こみかる★きっず vol.3 始まる新事業

教育

掲載号:2020年12月24日号

  • LINE
  • hatena

 人それぞれには「役割」というものがありますが、今年は欲張り過ぎたのか、自治会役員、公民館の企画運営、子育て広場の委員、そして母親業・・・知らず知らずのうちにオーバーワークになってしまい、体調を崩して関係者に迷惑をかけてしまいました。「今まで学んできたことを活かそう」と思い出したのは、ハーブティーで免疫力アップ、米ぬかカイロで体をじんわり温める、発酵食品を多く摂るなど。市販薬などに頼り過ぎはいけないですが、ここぞという時は飲んでスッキリ治す・・。

 母親が熱を出すと大変ですね。今年はテイクアウトのお店が増えたので、人と接触せずに食事を楽しむこともできるようになったとはいえ、食事以外にも仕事は山ほどあります。おむつを替え、お風呂に入れ、洗濯をし、ぐずればあやして、気づけば自分のことは後回し。そんなママの味方になる制度が相模原でスタートすることを知っていますか?「産後ケア事業」という名前で、来年1月1日からスタートします。ケアの内容は、授乳や沐浴等の赤ちゃんのお世話の仕方の相談、乳房のケア。育児相談・支援、お母さんの体調管理など。7回を上限に、利用料の一部を市が負担するものです。こういう制度はとてもありがたいですが、出産前に制度について知っていないと、産んだ後ではそれどころではなく、気がついたら利用期限を過ぎていた…ということになりかねません。制度のスタートが迫っていますが、どのくらい情報が浸透しているのか、どのくらい市が本気を出して周知する気があるのか。妊婦さんに情報が届きますように。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

荒川の伝統行事を後世に

荒川の伝統行事を後世に 文化

二本松八幡宮でだんご焼き

1月27日号

寺、神社の歴史を辿る

寺、神社の歴史を辿る 教育

3月25日まで 公文書館

1月27日号

ウーパールーパー展

ウーパールーパー展 文化

3月6日まで ふれあい科学館

1月27日号

今春スギ花粉 やや少なめ

今春スギ花粉 やや少なめ 社会

県発表 過去5年で最低

1月27日号

子育て応援に3万円

子育て応援に3万円 社会

2月から市独自に給付

1月27日号

チーム右京が自転車教室

チーム右京が自転車教室 文化

串川小で 安全利用を啓発

1月27日号

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook