さがみはら緑区版 掲載号:2021年9月2日号 エリアトップへ

宮下本町の天縛皇神社 新たな歴史を刻む 114柱の玉垣を新設

文化

掲載号:2021年9月2日号

  • LINE
  • hatena
㊤新たに造営され、境内を囲む玉垣 ㊦8月8日に行われた竣功奉告の神事に参列した総代ら
㊤新たに造営され、境内を囲む玉垣 ㊦8月8日に行われた竣功奉告の神事に参列した総代ら

 中央区宮下本町にある天縛皇(てんばくこう)神社の玉垣が新設され、8月8日に竣功奉告祭が執り行われた。

 同神社は、もともとは緑区東橋本にある真言宗寺院・蓮乗院持ちとして、室町時代・1532年(天文元年)に帝釈天を祭神に創建されたとされている。

 明治初期の神仏分離により天縛皇神社と改称され、祭神は伊邪那命(いざなぎのみこと)・伊邪那美命(いざなみのみこと)に変わった。1909年(明治42年)に天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)・神呂岐命(かむろぎのみこと)・大山咋命(おおやまくいのみこと)を合祀。73年(昭和48年)に社殿が新築された。

 中央区の宮上・宮下を氏子地域とし、例年8月29日の例大祭はお囃子や奉納演芸大会、露店でにぎわう。今年はコロナ禍のため、昨年に続き神事のみが実施される。

 今回は、天皇陛下の即位と令和制定を祝した記念事業として玉垣を新設する運びとなり、氏子総代を中心とした世話人会により、2月から造営工事が進められてきた。完成した玉垣は、大中小114の柱で、境内を囲んでいる。

 8月8日は台風10号の影響であいにくの雨天となったものの、総代を中心に約30人が社殿に集い、亀ヶ池八幡宮の根岸信行宮司を招いて厳かに行われた神事に、密を避けながら入れ替わりで参列した。

 世話人会の原勲夫代表(76)は、「2012年に創建480周年祭を執り行ったが、今回は480余年続く歴史にふさわしい玉垣が完成した」と話した。
 

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

絵がエコバッグに

絵がエコバッグに 文化

14・15日のイベントで配布

5月12日号

加藤登紀子コンサート

加藤登紀子コンサート 文化

5月22日 クアーズテック秦野CH

5月12日号

3年連続中止

相模湖花火

3年連続中止 文化

5月12日号

大輪のバラ 市民に公開

大輪のバラ 市民に公開 社会

中央区小山 オハラ

5月12日号

色々な競技に挑戦

色々な競技に挑戦 スポーツ

アリオ橋本でスポーツフェア

5月12日号

看護師の復職、育成を支援

人材を支える現場

看護師の復職、育成を支援 社会

関係団体や専門学校の取組み

5月12日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook