さがみはら緑区版 掲載号:2021年9月16日号 エリアトップへ

相模原市×相模女子大 障害者の学びの場を拡充 連携し プログラム開発へ

社会

掲載号:2021年9月16日号

  • LINE
  • hatena
7月に行われたインクルーシブ・リサーチ=相模女子大学提供
7月に行われたインクルーシブ・リサーチ=相模女子大学提供

 発達障害や知的障害のある若者が学校を卒業した後も生涯を通じて学び、余暇を楽しむことができる環境の整備をめざして市発達障害支援センターと相模女子大学が連携し、現在、「インクルーシブ・プログラム」の研究開発事業に取り組んでいる。その一環で、10月からはオンライン配信によるセミナーを開催。これまで交流機会の少なかった障害者が同世代の若者と友人関係を築くきっかけとなるよう、参加を呼びかけるとともに当事者の意見を反映させた多様な学びの場の拡充につなげていく考えだ。

 「インクルーシブ」とはさまざまな世代・特性の人たちが共に過ごすことを意味する言葉で、市はプログラムの開発を通じて障害者が他者と交流し、興味関心を深められる環境・制度づくりをめざしてきた。その中で、障害がある高校生以上の人に対して同センターでは、これまでも相談・就労支援などを実施。一方で、障害者が就職した後新たに友人関係を築くことが難しく、余暇が充実しないために私生活や仕事に支障をきたすといった課題が浮き彫りになっていた。同センターの小林太郎さんは「発達障害のある方はコミュニケーションの苦手さで苦しむ人が多い中、センター内の支援だけでは新たなコミュニティに一歩踏み出すのは難しい」と指摘する。

 同センターは地域での交流機会の拡充を目的に、2020年度から研究実績が豊富な相模女子大学と連携。同大学の持つノウハウと学習環境を生かし、障害の有無に関わらず参加できる学びの場として、講義が中心となる「セミナー」とグループワーク主体の「ゼミ」を企画・運営した。

 加えて、21年度からは文部科学省から「学校卒業後における障害者の学びの支援に関する実践研究事業」を受託。同大学のゼミと連動し、自ら現地調査を行うフィールドワーク型の「リサーチ」を新たに開始した。今後はこの3つを柱とした「インクルーシブ・プログラム」を実践する。

 同事業ではさらに、障害者と市民の交流の促進、共生社会の実現に向けた地域への啓発や大学の場を活用した生涯学習モデルの普及も期待される。小林さんは「『障害者のために』ではなく、『障害者とともに』過ごせる場を実現できたら」と話す。

 プログラムを統括する同大学の日戸由刈教授は「痛ましい事件が起こった相模原市が取り組むことに意義があると感じる。障害のある当事者が率直に意見交換し、安心して話せる体験をして欲しい」と期待を寄せた。
 

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

歴史たどるポスター展

相模原演劇鑑賞会

歴史たどるポスター展 文化

29日から、もみじホール

6月23日号

泥だらけで稲作体験

泥だらけで稲作体験 教育

千木良小で児童が田植え

6月23日号

県女性議員割合23・3%

市町村議会アンケート

県女性議員割合23・3% 政治

相模原市は21・7%

6月23日号

"水を流す常識"変えたい

"水を流す常識"変えたい 社会

「アクションが大事」 (株)ネットフィールド

6月23日号

雪辱に燃える「打倒私学」

緑球児の横顔【1】

雪辱に燃える「打倒私学」 スポーツ

県立城山高校

6月23日号

45人が献血

45人が献血 社会

ソロプチミストが声かけ

6月23日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook