さがみはら緑区版 掲載号:2022年1月13日号 エリアトップへ

(PR)

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜 怪我治療は外傷再建センターへ 三成会 新百合ヶ丘総合病院

掲載号:2022年1月13日号

  • LINE
  • hatena
外傷再建センター松下 隆センター長
外傷再建センター松下 隆センター長

 日本の医療は病気の治療偏重で怪我の治療は軽視されています。どんなにひどい怪我でも怪我した人は病人ではありません。うまく治せば元通りの健康体に戻ります。どれだけうまく治るかは医師の技術によるところが大きいです。曲がったり捻れたり短くなったりしているのに、あるいは骨が繋がらないままになっているのに、「もうこれ以上は治らない」と言われている人はいませんか。

 現在では、骨や関節の変形を矯正したり、短くなった骨を長くしたり、無くなった骨や皮膚を作ったりする新しい技術が開発されています。座ることもできないほど変形した骨盤も、高度な技術を持った専門医がいる「外傷再建センター」等なら、矯正することができます。

 怪我の治療で困っている方は、外傷治療の高度な技術を持つ医師に相談してみてください。

新百合ヶ丘総合病院

川崎市麻生区古沢都古255

TEL:044-322-9991

http://www.shinyuri-hospital.com/

さがみはら緑区版のピックアップ(PR)最新6

骨粗鬆症の診断と治療

森田病院医師紹介【3】

骨粗鬆症の診断と治療

整形外科医 嶋崎孝輔

5月19日号

橋本の歯科医師13名在籍の歯科医院

橋本の歯科医師13名在籍の歯科医院

「どんな歯の困り事も橋本で対応可能」を目指して

5月19日号

「患者さん、ご家族の心に寄り添って」

「患者さん、ご家族の心に寄り添って」

医療法人社団 守成会広瀬病院 看護部緩和ケア認定看護師 師長

5月12日号

運動はからだの万能薬

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

運動はからだの万能薬

三成会 新百合ヶ丘総合病院

5月12日号

日本人1割が潜在患者「下肢静脈瘤」

ほねごりが橋本に移転

巨大なゴリラが目印

ほねごりが橋本に移転

地域の健康守る拠点に

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook