神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

ケアプラザさがみはら 手厚い子育て支援が評価 「復帰率はほぼ100%」

社会

公開:2022年4月28日

  • X
  • LINE
  • hatena
施設内の託児室を利用していた親子ら。今は閉室し、今後は地域の子育て支援の場として活用を考えている
施設内の託児室を利用していた親子ら。今は閉室し、今後は地域の子育て支援の場として活用を考えている

 相模原市は、仕事と家庭の両立支援に積極的に取り組む企業を表彰する「仕事と家庭両立支援推進企業表彰」の2021年度の表彰企業を3月末に発表した。緑区からは社会福祉法人蓬莱会 特別養護老人ホームケアプラザさがみはら(大島)が表彰を受けた。

 同施設は12年に開設。当初から施設内に託児室を設け、子育てしながら働ける環境づくりに努めてきた。「子育て世代の従業員が多く、周囲もお互いさまの気持ちで仕事ができている」と大塚小百合施設長。その環境づくりは働きやすさにつながり、育児休業後のスタッフの復帰率はほぼ100%という。

 さらに、一昨年に給与形態を見直し、同一労働同一賃金を実現。子ども1人あたり1万円支給の扶養手当、短時間正規職員制度、小学生以上の子どもの勤務中の待機場所提供、パート職員への賞与支給など、子育て支援に積極的に取り組み、今回はそれらが市からも評価された。

 同施設には約120人の従業員が働き、その7割を女性が占める。大塚施設長は「人材確保が難しい時代に、職員から選ばれる施設になることを考えた結果、子育て支援をしっかりしている施設でありたいと思った。それが形になってきている」と説明。さらに、「スタッフが長く定着するということは、よりスキルが磨かれて伸びていくので、入居している方へのケアの質も上がる」と利用者へのメリットも感じている。今後は「女性の役職者を増やしていきたい」と話す。「子育てとキャリア、どちらを諦めるかではなく、柔軟に選択できて、どちらも諦めなくていい環境を作りたい」と思い描く。

 なお、託児室は利用する子どもがいなくなったため今年3月に閉室。今後は、地域の子育て支援の場としての活用を考えているという。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

災害想定し、一斉放水

市消防団北方面隊

災害想定し、一斉放水

機械操作などを確認

2月24日

相模原について意見交換

相模原について意見交換

当麻田小でまちかど市長室

2月23日

桜の下で多彩なステージ

桜の下で多彩なステージ

3月30日 水の苑地でさくらまつり

2月22日

発電機を寄贈

県LPガス相模原支部

発電機を寄贈

合計42台に

2月22日

寄席4人招待

寄席4人招待

2月22日

アマチュア作品巡回展

フォトシティさがみはら

アマチュア作品巡回展

3月15日まで

2月22日

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook