神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

(PR)

相模原赤十字病院 脳や神経、筋肉の症状を診察 5月から「脳神経内科」を新設

公開:2023年6月29日

  • X
  • LINE
  • hatena
「相模原は住みやすくて良い所。医師として、地域の皆さまの手助けをしていきたい」と大島副部長
「相模原は住みやすくて良い所。医師として、地域の皆さまの手助けをしていきたい」と大島副部長

大島副部長に聞く「脳神経内科」とは

 県北部の公的病院として地域に根付いた診療を続ける「相模原赤十字病院」。今年5月、脳や脊髄、神経や筋肉などを診る診療科「脳神経内科」が新設された。「脳神経内科」とは、どんな症状の時に受診する科で、どんな診療を行うのか、同科副部長の大島一巳医師に話を聞いた。

 「手足にうまく力が入らない、頭が痛い、もの忘れ、ものが二重に見える、しゃべりにくい、そんな症状が現れたとします。その症状が体のどこから来ているのか、その症状の原因は何なのかを見極めることが大切です。そして適切な科へ紹介することも『脳神経内科』の役割です」と大島医師。脳梗塞、てんかん、頭痛、パーキンソン病など、あげれば切りがないほど、脳や神経、筋肉に関係のある病気は多い。「脳神経内科」では、患者の今の症状を細かく丁寧に聞き、神経診察と合わせて原因を調べていく。

 大島医師は「患者さんの現病歴、既往歴、生活歴、家族歴から、その患者さんだけのストーリーをつくり、神経診察で全身を調べ、ガイドライン等に基づいて検査や診断、治療を行っていきます」と話す。

「社会復帰」を目指す

 新設された「脳神経内科」の副部長を務める大島医師は福岡大学医学部を卒業後、公立福生病院や東京医療センター、さいたま市立病院、都立松沢病院などで経験を積み、今年4月に着任。「私は病気を治療するとともに、患者さんの社会復帰を目指して診療にあたっています。神経内科専門医として相模原の皆さんの手助けをしていきたい」と力強く語った。◇脳神経内科の診察日は毎週(火)(水)の受付午前8〜11時30分

相模原赤十字病院

相模原市緑区中野256

TEL:042-784-1101

http://www.sagamihara.jrc.or.jp/

さがみはら緑区版のピックアップ(PR)最新6

水・エネルギー体験イベント

「神奈川県水道記念館」が企画 参加無料

水・エネルギー体験イベント

5月16日

無料耐震診断で不安解消

今年に入って増える大きな地震

無料耐震診断で不安解消

5月16日

知って納得「終活フェスタ」

ファミリーホール橋本 子供に迷惑をかけたくない

知って納得「終活フェスタ」

エンディングノートセミナーなど

5月9日

傷が残らないがん手術

シリーズ 102 〜新ゆりドクター通信〜

傷が残らないがん手術

三成会 新百合ヶ丘総合病院

5月9日

相続と認知症対策を知ろう

第2回 知ってて良かった講座

相続と認知症対策を知ろう

5月18日(土)(要予約)杜のホール

5月9日

8千株のルピナス堪能

8千株のルピナス堪能

6日 津久井湖城山公園

5月2日

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook