さがみはら緑区版エリアトップへ

ふるさと納税受入額相模原市は県内10位に

社会

掲載号:2018年7月26日号

  • LINE
  • はてぶ

 2017年度のふるさと納税に関する現況調査結果がまとまり、概要が7月6日、総務省から公表された。県内市町村の受入額は1位が寒川町で、相模原市は10位だった。

 ふるさと納税とは、自治体に寄附した額のうち2000円を超える部分を所得税と住民税から原則控除する制度。生まれ故郷や応援したい自治体など、自由に寄附先を選ぶことができる。趣向を凝らした返礼品を用意する自治体も多く、同省では返礼割合が高い品の送付を控えるよう、各都道府県知事あてに通知している。

 神奈川県全体での受入額は73億6千万円で、前年度比較で23億9千万円増加。受入件数は16万398件で、前年度より5万件余り増えている。

 県内市町村の中で最も受入額が多かったのは寒川町の15億3279万9千円で、受入件数では山北町の2万8678件が最多だった。両町は返礼品の調達や送付などに伴う経費割合も高く、同年度決算見込で寒川町が9億6989万5千円、山北町が4億3544万7千円余りを計上した。そうした中で、相模原市の受入額は2億2375万円。県内では10位となっている。

  • LINE
  • はてぶ

さがみはら緑区版のローカルニュース最新3件