横須賀版 掲載号:2016年1月15日号 エリアトップへ

猿島わかめさるひめ 「柔らかさ味わって」 市内各所で来月まで試食販売

掲載号:2016年1月15日号

  • LINE
  • hatena
横須賀中央・上町・久里浜地区で実施
横須賀中央・上町・久里浜地区で実施

 収穫が本格化する前の猿島わかめの新芽「さるひめ」の美味しさを知ってもらうため、市内各所で試食販売が始まっている。柔らかく、シャキシャキとした歯ごたえが特徴で、地元有志グループがブランド化に取り組み今年で4年目。来月12日の販売終了まで、市内外の飲食店約20店でも提供される。

 海流が早く、栄養が豊富な猿島周辺で収穫されるわかめ。しかし近年、養殖業を営む漁師が減少。これに危機感を抱いた漁業・飲食店関係者が「猿島海畑活性化研究会」を立ち上げた。養殖棚を共同運営し、飲食店が買い取り保証することで生産者のリスクを軽減し、「猿島わかめ」の普及に努めている。同会ではPRのため、収穫が本格化する前の新芽を「さるひめ」と名付けてブランド化。香りが芳醇で茎まで柔らか、をキャッチフレーズに、即売会や市内飲食店などで提供している。

 今月10日に解禁となったさるひめは、昨年11月から植えつけを行ったもの。約1カ月間かけて30〜40cm程に成長した。即売会初日は、約200人が購入。「今しか食べられない食感を味わってほしい」と横須賀中央や上町、久里浜地区でも試食販売が始まった。同会いち押しの食し方でもある「出汁しゃぶしゃぶ」を通行人にふるまうと、味見をした人からは「歯ごたえや厚みが違う」など好評の声が集まった。 

創作メニュー続々

 市内や横浜南部の飲食店約20店舗では、さるひめを使用したオリジナルメニューを提供。炭火焼タイガー(若松町)では、焼きしゃぶに始まり、天婦羅・ユッケ・スープなどを用意。博多拉麺せぶん(久里浜)ではさるひめをふんだんに盛り付けたラーメンが昨年に続き登場する。

 試食販売は来月12日(金)までの毎週土・火・木曜。横須賀中央は三笠ビル商店街入口「花う」、上町は「横須賀 松坂屋」(火・木のみ)、久里浜は「博多拉麺せぶん」前で行われる。午前10時から午後3時。その他の試食販売会場や、さるひめの提供店舗などの詳細は、同会ホームページ【URL】http://yokosuka-saruken.jimdo.com/
 

横須賀版のトップニュース最新6

2つの歴史資産 価値再確認

浦賀

2つの歴史資産 価値再確認 社会

奉行所300年、レンガドック120年で

11月15日号

総延長2キロの地下壕

貝山の戦跡

総延長2キロの地下壕 社会

2020年度中の公開めざす

11月15日号

21年春にリニューアル開業

よこすかポートマーケット

21年春にリニューアル開業 経済

新たな運営事業者を選定

11月8日号

まるで海上のダンス

ウインドサーフィン

まるで海上のダンス スポーツ

11月8日号

SUP世界大会で初V

北下浦中3年小貝実佑さん

SUP世界大会で初V スポーツ

ジュニア2種目で表彰台

11月1日号

暗闇と静寂 何を感じる

暗闇と静寂 何を感じる 文化

夜の猿島でアートイベント

11月1日号

地域交流に学校施設活用

スクールコミュニティ事業

地域交流に学校施設活用 教育

モデル実施 第一弾は汐入小

10月25日号

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    11月8日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ケルトで彩るクリスマス

よこすか芸術劇場

ケルトで彩るクリスマス

アイルランドのスター奏者も

12月1日~12月1日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク