横須賀版 掲載号:2018年10月12日号
  • LINE
  • hatena

無料上映会 近代化支えた市井の女性 富岡製糸場舞台の映画「紅い襷」

文化

(C)2017 富岡市/富岡製糸場映画製作委員会
(C)2017 富岡市/富岡製糸場映画製作委員会
 明治維新後、日本の近代化を牽引した輸出品は重厚な「軍艦」ではなく、しなやか「絹」だった-。

 群馬県富岡市にある富岡製糸場を舞台に若き工女たちの姿を描いた映画『紅(あか)い襷(たすき) 〜富岡製糸場物語〜』の上映会が11月11日(日)、深田台の横須賀市文化会館で開かれる。市の主催で入場無料。

 同作品は横須賀市と友好都市関係を結ぶ富岡市が企画・制作。富岡製糸場は横須賀製鉄所に勤めていたフランス人技師が設計に携わっているほか、

月給制や日曜休日制といったフランス式運営の採用など、当時の日本とフランスの国際協力関係の面で歴史的なつながりが深い。

 物語は紅い襷を掛けることが許される一等工女をめざす主人公、横田英の手記を語り継ぐ形で展開していく。フランスから招いた製糸技師が吹き込んだ新産業の風と、厳しい労働環境や待遇の差といった苦難に立ち向かう工女たちの知られざるエピソードで紡がれる。

 午後1時30分上映開始。事前申込制で先着1千人。希望者は横須賀市コールセンター【電話】046・822・2500

横須賀版のローカルニュース最新6件

猿島で迎える初日の出

ランドセル背負い学校に

心臓移植手術成功の雫さん

ランドセル背負い学校に

12月14日号

「逸見エモン」が先生に

「手塩にかけた野菜です」

高校生ファーマー齋藤さん

「手塩にかけた野菜です」

12月14日号

久里浜港に1万3千人

まちの歴史 側面に焦点

新連載のはじめに――

まちの歴史 側面に焦点

12月14日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月14日0:00更新

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク