三浦版 掲載号:2014年5月9日号 エリアトップへ

三浦半島サミット 観光連携で一歩前進 サイクリングパンフ発行

掲載号:2014年5月9日号

  • LINE
  • hatena
三浦半島観光連携PR協定を締結した5首長。サミットは次回10月、三浦市で開かれる
三浦半島観光連携PR協定を締結した5首長。サミットは次回10月、三浦市で開かれる

 三浦半島4市1町(三浦市・横須賀市・鎌倉市・逗子市・葉山町)の首長が連携して地域振興と共通課題の解消をめざす「三浦半島サミット」の2回目の会合が先月30日、逗子市役所で開かれ、共同で観光PRを展開していくことを確認した。協定書の締結も行った。

津波マップ、有害鳥獣対策も

 5首長が顔を揃えるのは、昨年10月の会議発足以来2回目のこと。前回、観光分野の連携強化の具体策として浮上した「サイクリングによる三浦半島の魅力発信」の進ちょく状況として、ガイドブック仕立ての冊子が完成したことが発表された。駅のラックのほか、サイクリストらの目の触れる場所に設置していくという。今後の展開として、周遊客を立ち止まらせるための環境整備の必要性にも言及。自転車専用ラックの設置などについて、平井逗子市長は「民間の動きと連携して進めていきたい」との考えを述べた。

 このほかに、各自治体が地場産品の相互販売コーナーの設置に努めることを確認。アンテナショップの開設を、集客力のある鎌倉駅周辺で検討していくことなどが報告された。アイデアとして、横須賀と葉山にある美術館を切り口にした連携やサミットのロゴマーク、ホームページ開設の提案もあった。

 観光の分野以外では、深刻化する有害鳥獣対策にも乗り出す。向こう3年間でアライグマ2000匹、タイワンリス1万5000匹を駆除する数値目標が掲げられた。自治体ごとに作製している津波ハザードマップも、想定する基準データがまちまちだったことから、統一化を図り三浦半島版を新たに作製する。

 サミット後の会見では、自治体ごとで異なる「海水浴場規制」についても質問があった。今年、ルールの厳格化を図った逗子の平井市長は「現時点で連携の具体的な話はないが、鎌倉市・葉山町とは問題意識を共有している。今夏の状況を踏まえ、発信も含めて判断したい」と答えた。

三浦版のトップニュース最新6

ワクチン接種に補正予算

三浦市

ワクチン接種に補正予算 政治

総額およそ1億円

9月10日号

授業配信で学習機会確保

市立小中学校

授業配信で学習機会確保 教育

希望者にタブレット貸与

9月10日号

7億9千万円で最多更新

ふるさと納税

7億9千万円で最多更新 経済

コロナ被害支援も一因

8月27日号

「小児がんとの闘い支えて」

「小児がんとの闘い支えて」 社会

両親ら募金協力呼びかけ

8月27日号

1週間で感染20人超

新型コロナウイルス

1週間で感染20人超 社会

若い世代に増加傾向

8月6日号

知識深めて地域にいかす

知識深めて地域にいかす 社会

「ニナイテカレッジ」開講

8月6日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook