三浦版 掲載号:2014年7月25日号 エリアトップへ

復興支援に4年で270万円 義援シャツ販売

掲載号:2014年7月25日号

  • LINE
  • hatena
杉山副市長に報告書を手渡した実行委員会のメンバー
杉山副市長に報告書を手渡した実行委員会のメンバー

 東日本大震災の被災地復興支援と市内経済の活性化を目的に三浦ツナ之助ロゴ入り義援シャツ販売を行った実行委員会(三浦商工会議所、三浦市商店街連合会、三浦市職員厚生会)は17日、市役所を訪れ吉田英男市長らに今年度の実績を報告した。販売枚数は1089枚、義援金は55万円となった。今年で4年目を迎えた同事業。4年間の総額は270万円、販売枚数は5300枚にも及んだ。

 義援シャツ販売は、2011年から始まった事業。義援金は、震災直後から三浦市が継続的に行政支援を行っている宮城県南三陸町に送られている。3年目を迎えた昨年、実行委員会の中では一区切りという声もあったというが、被災地はいまだに復興途中ということもあり事業を継続することとなった。

 今年度の販売実績は、ボタンダウンシャツ208枚、ポロシャツ323枚、ボタンダウンポロシャツ193枚、Tシャツ365枚で計1089枚。市民から要望のあったTシャツを新たに用意し受付場所を増やすなど購入しやすいようにした。

 1年目の販売実績は1937枚、2年目は1292、3年目は1077枚。事業開始以降、毎年1千枚を超える販売実績に実行委員会は「4年目なので、当初は販売枚数は結果よりも減ると考えていた」と話す。今回の結果を受け「被災地を応援したいという気持ちの表れだと思う。今年度は子ども用のTシャツも用意したこともあり、家族で購入もあった。多くの人の気持ちに感謝している」としている。杉山副市長は「南三陸町には職員を派遣し、私たちにできる支援を行っている。皆さんの活動は大変意義のあること。今後も続けてほしい」と語った。

三浦版のトップニュース最新6

マリンパーク跡にキャンプ場

マリンパーク跡にキャンプ場 社会

油壺地域の活性化めざす

1月7日号

官学民連携で食の魅力発掘

官学民連携で食の魅力発掘 社会

レシピ集化をめざす

1月7日号

市民生活と地域経済守る

市民生活と地域経済守る 政治

新春市長インタビュー

1月1日号

地元舞台作品を初監督

小網代出身松倉さん

地元舞台作品を初監督 文化

2月公開めざし制作

1月1日号

2月から3回目実施へ

コロナワクチン

2月から3回目実施へ 社会

8カ月経過で通知送付

12月17日号

水道料金値上げへ

三浦市

水道料金値上げへ 社会

来年7月から段階的実施

12月17日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook