三浦版 掲載号:2015年1月30日号 エリアトップへ

神田区に老人クラブ復活 名称は「つくし会」

社会

掲載号:2015年1月30日号

  • LINE
  • hatena
設営準備をする会員
設営準備をする会員

 三浦市内各地域にある34のクラブが加盟する「三浦市老人クラブ連合会(通称・ゆめクラブ三浦)」。近年クラブの数が減る中、昨年市内下宮田神田区で同クラブが復活した。名称は「つくし会」。一度消滅した地域に再度クラブが復活することはほとんど例がない。

 概ね60歳以上のシニアが集まり、自主的活動・運営を行う同クラブ。全盛期、市内に50あったクラブは、平成に入り減少し、現在市内には34となっている。原因は、クラブ加入者数の減少と会長のなり手不足が挙げられている。市内のクラブ加入率は県内平均の11・7%に比べ6・4%と低い。クラブ事務局は「社会情勢の変化もあり、会長を引き受ける人が少なくなってきている。また、地域と関わりの薄かったサラリーマンが、いざ定年退職後に地域に溶け込もとしても難しさがあるのでは」と話す。そんな情勢の中で、「クラブの復活は画期的」と話す。

 「つくし会」の会長を務めるのは、前神田区長の石渡道臣さん。きっかけは、石渡さんが区長時代、地区に引っ越してきた高齢者に老人クラブの存在について聞かれたこと。石渡さん自身も把握しておらず調査すると、過去に存在したが消滅していたことが分かった。高齢者が地域で生き生きと過ごすためにもクラブは必要と考え、結成準備を進めてきた。そして昨年、区長退任後仲間の協力のもと「つくし会」を立ち上げ活動を始めた。

 現在、同会には50代から60代後半の約30人が所属する。子どもたちの登下校時の見守りや地域の行事準備等、地域に根ざした活動のほか、懇親会開催などコミュニケーションをとることも欠かさない。石渡さんは、一時の情勢変化でクラブが消滅しないよう、退任した区長がスライドして会長に就くことを区長時代に規約に定めた。「高齢者が充実した生活をおくるための拠点になるよう、今後も努力していきたい」と話している。
 

三浦版のトップニュース最新6

3年ぶりに開催へ

三浦国際市民マラソン

3年ぶりに開催へ スポーツ

種目限定で3密対策徹底

10月22日号

抗体カクテル療法導入

三浦市立病院

抗体カクテル療法導入 社会

専用病床確保で体制整備

10月22日号

「男女共同参画」知って

三浦市

「男女共同参画」知って 社会

認知度の低さ課題に

10月8日号

散歩しながら地域防犯

三崎署

散歩しながら地域防犯 コミュニティ社会

愛犬家にパトロール隊任命

10月8日号

グランピング施設を提案

三浦地所

グランピング施設を提案 社会

城山地区利活用の事業契約へ

9月24日号

“ちょい乗り”で周遊促進

“ちょい乗り”で周遊促進 社会

電動キックボードをレンタル

9月24日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook