三浦版 掲載号:2015年4月10日号 エリアトップへ

小児医療費 小学5年に助成拡大 子育て支援の充実強化

社会

掲載号:2015年4月10日号

  • LINE
  • hatena

 三浦市は今月1日から小児医療費の対象年齢の上限を、これまでの小学4年から小学5年に拡充した。「子育てにやさしい街」をアピールすることで、毎年500人以上減っている深刻な人口減少に歯止めをかける考え。今後、市は財政状況などを鑑みながら、小学6年生への引き上げも検討している。

 小児医療費助成とは、市内在住の子どもの健全な育成を支援と、健康の増進を目的に、健康保険に加入する0歳から小学5年生までの入院・通院医療費の自己負担分と小学6年生から中学卒業までの入院医療費の自己負担分を助成する事業(所得制限あり)。三浦市では、同事業を1995年から実施。助成対象年齢の上限引き上げは、吉田英男三浦市長就任時の公約の1つにも掲げられており、2010年から段階的に引き上げられ、昨年度は小学3年生から4年生に拡充してきた経緯がある。

 今回の拡充によって、助成対象人数は約300人増加する。逼迫する財政状況だが、県補助分として約4830万円が充当されているほか、市の今年度予算約200万円と、国の「地域住民生活等緊急支援のための交付金」約3980万円(昨年度補正予算で充当、今年度繰り越し実施)を活用する。

 上限の引き上げには、同市の喫緊の課題である人口減少に歯止めをかける狙いがある。三浦市では、2012年以降、毎年500人を超える減少が続き、3月1日時点の総人口は約4万5400人となっている。昨年、民間研究機関が発表した試算によると、2040年までに市内の20歳から39歳の若年女性(出産の中心世代)人口が、57・9%減と予測。総人口は約3万人に減るとみられ、「消滅可能性都市」に分類されている。

対象年齢にバラつき

 近隣の横須賀市でも、2013年に転出者が転入者を上回る「転出超過数」が全国1位となり、人口減少は深刻な問題。「選ばれるまち横須賀」を掲げ、子育て環境の充実を市の重点施策の1つに据え、今年10月から小学6年生に引き上げる予定。また、海老名市や厚木市が中学卒業まで小児医療費を無料としており、県内でバラつきが出ているのが現状だ。

 全国的に見ても少子高齢化対策として小児医療費の助成拡大を街の魅力として打ち出す自治体は多い。しかし一方で、医療サービスは全国各地、格差なく平等に受けられなければならないという考えもあり、都市間競争の激化に慎重な見方も出ている。

三浦版のトップニュース最新6

ワクチン接種に補正予算

三浦市

ワクチン接種に補正予算 政治

総額およそ1億円

9月10日号

授業配信で学習機会確保

市立小中学校

授業配信で学習機会確保 教育

希望者にタブレット貸与

9月10日号

7億9千万円で最多更新

ふるさと納税

7億9千万円で最多更新 経済

コロナ被害支援も一因

8月27日号

「小児がんとの闘い支えて」

「小児がんとの闘い支えて」 社会

両親ら募金協力呼びかけ

8月27日号

1週間で感染20人超

新型コロナウイルス

1週間で感染20人超 社会

若い世代に増加傾向

8月6日号

知識深めて地域にいかす

知識深めて地域にいかす 社会

「ニナイテカレッジ」開講

8月6日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook