三浦版 掲載号:2019年7月26日号 エリアトップへ

旧長谷川家住宅 国の登録有形文化財へ 造形と歴史的景観が評価

文化

掲載号:2019年7月26日号

  • LINE
  • hatena
(写真左から時計回りに)旧長谷川家の主屋、石蔵、庭門及び内塀(三浦市教委提供)
(写真左から時計回りに)旧長谷川家の主屋、石蔵、庭門及び内塀(三浦市教委提供)

 国の文化審議会は今月19日、初声町三戸にある旧長谷川家住宅主屋を含む3件を登録有形文化財(建造物)とするよう、柴山昌彦文部科学相に答申した。近く登録される見通しで、三浦市内では初めてとなる。

 三浦市教育委員会の発表によると、今回答申されたのは、三戸の旧長谷川家住宅主屋・石蔵・庭門及び内塀の3件。

 同建造物は、旧三戸村戸長や初声村村長を輩出した旧家のひとつ、長谷川家の元住宅。主屋は1930(昭和5)年の建築で、木造平屋建て。瓦葺の入母屋屋根と周囲にめぐらされた下屋が特徴的。室内は広々とした書院造の広間や瀟洒(しょうしゃ)な数寄屋造の離れを有しているほか、漆喰塗りの壁や格天井などが現存し、長谷川家の隆盛と工事を手掛けた往時の職人の技を見ることができる。

 石蔵は当初明治中期に建てられた土蔵造のものを、昭和前期に改修。柱の外側に切り石を積んだ石蔵に姿を変えた。文化庁の講評では「戸口廻りの持送も技巧的で、地域の技術的な特徴を備える旧家の蔵」とされている。

 昭和5年に造られた庭門及び内塀は、主屋と石蔵の下屋柱の間に建つ。庭門は磨き丸太と呼ばれる木材が使われ、切妻造の銅板葺き屋根が用いられている。細竹の押縁がついた竪板張の内塀は繊細な意匠が施され、庭門との調和に優れている。

 現在、同住宅は「CASA三戸浜」と名を変え、合同会社三戸浜マーレが保存・活用。撮影スタジオやイベント会場などとして使われている。

■ ■ ■

国登録有形文化財とは

 再開発などで消滅の可能性のある近代建造物を後世に継承するため設けられた国の文化財登録制度。今回196件が答申され、登録は1万2470件になる。

宅建協会 横須賀三浦支部

弁護士による「不動産の法律無料相談」を8月20日に実施します。

http://www.yokosuka-miura.com/

株式会社三浦海業公社

三崎まぐろと穫れたて三浦野菜の産直センター「うらりマルシェ」

http://www.umigyo.co.jp

三浦市社会福祉協議会

9月15日「はつらつフェスタ」開催決定!抽選券付前売り券発売中!!

http://www.shakyo-miura.com

三浦商工会議所

中小企業の経営・税務・融資などのご相談は三浦商工会議所へ

http://www.miura-cci.com

実相寺

みうら寺子屋(夏休み子供道場のお寺) 永代供養合葬墓・新規墓地等受付中

http://www.jissouji.or.jp

三樹院

永代供養・霊園、三樹院は浄土宗のお寺です。8月10日は十日参りを行います。

https://www.sanjuin.com

株式会社三浦観光バス

三浦市唯一の貸切バス会社です。レンタカー・レンタサイクルも好評受付中

https://miurakankobus.co.jp

医療法人財団 青山会

医師・看護師・栄養士・介護士など幅広く職員を募集しています。お問合せ下さい。

http://www.bmk.or.jp

<PR>

三浦版のトップニュース最新6

三浦産ダイコンを献上

三浦産ダイコンを献上 社会

大嘗祭(だいじょうさい)の供物に選ばれる

11月15日号

次代担う高校生応援

羽床総本店

次代担う高校生応援 社会

“農×水”コラボパスタ

11月15日号

「医療福祉の楽しさ触れて」

「医療福祉の楽しさ触れて」 社会

従事者らが職業体験会

11月1日号

三崎港にみこし集結

三崎港にみこし集結 社会

有志中心にパレード初開催

11月1日号

財政運営、依然厳しく

三浦市予算編成

財政運営、依然厳しく 経済

「ゼロベースで見直しを」

10月18日号

市社協が市内初登録

かながわSDGsパートナー制度

市社協が市内初登録 社会

多分野での実践が評価

10月18日号

通行無料化、来年度実現へ

城ヶ島大橋

通行無料化、来年度実現へ 社会

11月にも条例改正案上程

10月4日号

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク