三浦版 掲載号:2019年10月18日号 エリアトップへ

かながわSDGsパートナー制度 市社協が市内初登録 多分野での実践が評価

社会

掲載号:2019年10月18日号

  • LINE
  • hatena
黒岩知事から登録証を受け取る成田事務局長(写真左)
黒岩知事から登録証を受け取る成田事務局長(写真左)

 「SDGs(持続可能な開発目標)」の推進、裾野拡大をめざす企業や団体を県が認定する「かながわSDGsパートナー」制度に、三浦市で初めて三浦市社会福祉協議会が登録された。市内では三浦青年会議所が学生向けのワークショップを10月26日(土)に実施するなど、浸透への取り組みが進んでいる。

 「SDGs」とは、国連で採択された2030年までに持続可能な世界を実現するため掲げられた、17のゴールと169のターゲットによる国際目標。神奈川県は全国で唯一、内閣府が推進する「SDGs未来都市」と「自治体SDGsモデル事業」の2つに選定されるなど、先進県として施策を展開する。

 県内企業・団体の取り組み事例を発信し、官民連携の普及啓発活動を実施することで、裾野拡大をめざそうと同制度を今年度設立。4月に49者を発表し、このほど第2期として新たに88者が登録された。

地域協働で推進

 三浦市社会福祉協議会は、県の健康増進事業に賛同。未病センターの認証を受け、フレイルチェックを導入し、高齢者が住み慣れた地域で自分らしい暮らしを送ることができる「地域包括ケアシステム」の構築に尽力。

 また、県内で初めて、高齢者と障害者児が同一事業所で介護保険と障害福祉のサービスを受けられる共生型施設を開所するなど、地域共生社会にも貢献。地域と協働し、健康や福祉、教育、環境保全など多岐にわたる取り組みを実践している。

 同協議会事務局長の成田慎一さんは、「今回の登録を糧にして、三浦市の魅力を活かせるよう日々取り組んでまいります」と登録を喜んだ。

学生向けイベント

 地域の若い世代にSDGsへの関心を高めてもらおうと、三浦青年会議所(以下、三浦JC)は10月26日(土)にワークショップを開催する。午前9時45分から午後5時30分、会場は三浦商工会議所。参加無料。

 「2030SDGs公認ファシリテーター」の嶋田亮さんを講師に招き、国連でも行われたカードゲーム「2030SDGs」を体験。配られたお金と時間のカードを使って「交通インフラの整備」や「化石燃料の利用廃止」などのプロジェクトを進め、目標達成をめざす。第2部では、三浦の地域課題の解決策を導き出すグループワークを実施。JCメンバーらも参加し、意見交換を行う。

 対象は三浦半島在住の高校生以上の学生、定員40人。昼食、記念品付き。事前申込み制で、同JCホームページの専用フォームから応募する。

三浦版のトップニュース最新6

約5割が「住みよい街」

市民満足度調査

約5割が「住みよい街」 社会

健康・自然に高い評価

2月21日号

「将来見据えた堅実編成」

三浦市予算案

「将来見据えた堅実編成」 政治

一般会計に166億円

2月21日号

過去最高の6億円超へ

ふるさと納税

過去最高の6億円超へ 社会

ブームや独自返礼品が追い風

2月7日号

迷惑キャンプお断り

三戸浜

迷惑キャンプお断り 社会

漁港区域の釣りも全面禁止

2月7日号

面影受け継ぎ再出発

みやがわベーグル

面影受け継ぎ再出発 社会

三崎のエンゼルを利活用

1月24日号

早春彩る桜まつり

三浦海岸

早春彩る桜まつり 社会

来月8日から夜間点灯も

1月24日号

民間参入で活用策探る

城山地区市有地

民間参入で活用策探る 社会

宿泊施設など市場性調査

1月10日号

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月24日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク