三浦版 掲載号:2019年10月18日号 エリアトップへ

かながわSDGsパートナー制度 市社協が市内初登録 多分野での実践が評価

社会

掲載号:2019年10月18日号

  • LINE
  • hatena
黒岩知事から登録証を受け取る成田事務局長(写真左)
黒岩知事から登録証を受け取る成田事務局長(写真左)

 「SDGs(持続可能な開発目標)」の推進、裾野拡大をめざす企業や団体を県が認定する「かながわSDGsパートナー」制度に、三浦市で初めて三浦市社会福祉協議会が登録された。市内では三浦青年会議所が学生向けのワークショップを10月26日(土)に実施するなど、浸透への取り組みが進んでいる。

 「SDGs」とは、国連で採択された2030年までに持続可能な世界を実現するため掲げられた、17のゴールと169のターゲットによる国際目標。神奈川県は全国で唯一、内閣府が推進する「SDGs未来都市」と「自治体SDGsモデル事業」の2つに選定されるなど、先進県として施策を展開する。

 県内企業・団体の取り組み事例を発信し、官民連携の普及啓発活動を実施することで、裾野拡大をめざそうと同制度を今年度設立。4月に49者を発表し、このほど第2期として新たに88者が登録された。

地域協働で推進

 三浦市社会福祉協議会は、県の健康増進事業に賛同。未病センターの認証を受け、フレイルチェックを導入し、高齢者が住み慣れた地域で自分らしい暮らしを送ることができる「地域包括ケアシステム」の構築に尽力。

 また、県内で初めて、高齢者と障害者児が同一事業所で介護保険と障害福祉のサービスを受けられる共生型施設を開所するなど、地域共生社会にも貢献。地域と協働し、健康や福祉、教育、環境保全など多岐にわたる取り組みを実践している。

 同協議会事務局長の成田慎一さんは、「今回の登録を糧にして、三浦市の魅力を活かせるよう日々取り組んでまいります」と登録を喜んだ。

学生向けイベント

 地域の若い世代にSDGsへの関心を高めてもらおうと、三浦青年会議所(以下、三浦JC)は10月26日(土)にワークショップを開催する。午前9時45分から午後5時30分、会場は三浦商工会議所。参加無料。

 「2030SDGs公認ファシリテーター」の嶋田亮さんを講師に招き、国連でも行われたカードゲーム「2030SDGs」を体験。配られたお金と時間のカードを使って「交通インフラの整備」や「化石燃料の利用廃止」などのプロジェクトを進め、目標達成をめざす。第2部では、三浦の地域課題の解決策を導き出すグループワークを実施。JCメンバーらも参加し、意見交換を行う。

 対象は三浦半島在住の高校生以上の学生、定員40人。昼食、記念品付き。事前申込み制で、同JCホームページの専用フォームから応募する。

三浦版のトップニュース最新6

三浦産ダイコンを献上

三浦産ダイコンを献上 社会

大嘗祭(だいじょうさい)の供物に選ばれる

11月15日号

次代担う高校生応援

羽床総本店

次代担う高校生応援 社会

“農×水”コラボパスタ

11月15日号

「医療福祉の楽しさ触れて」

「医療福祉の楽しさ触れて」 社会

従事者らが職業体験会

11月1日号

三崎港にみこし集結

三崎港にみこし集結 社会

有志中心にパレード初開催

11月1日号

財政運営、依然厳しく

三浦市予算編成

財政運営、依然厳しく 経済

「ゼロベースで見直しを」

10月18日号

通行無料化、来年度実現へ

城ヶ島大橋

通行無料化、来年度実現へ 社会

11月にも条例改正案上程

10月4日号

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク