三浦版 掲載号:2020年9月25日号 エリアトップへ

放課後児童クラブ 保育環境改善に陳情 指導員処遇やコロナ対策など

社会

掲載号:2020年9月25日号

  • LINE
  • hatena

 コロナ禍の長期化を見据え、学童指導員・保護者・子どもらが安心できる保育環境の改善を求めて、「三浦市放課後児童クラブ連絡協議会」(稲邑哲也会長)は、現在開催中の三浦市議会第3回定例会に陳情書を提出。放課後児童クラブ指導員の処遇改善、利用料の減免措置、感染症対策を盛り込み、窮状を強く訴えた。

 三浦市内の放課後児童クラブ(以下、「学童」)は4カ所あり、192人(今年5月1日現在)が登録。すべて保護者会による民設民営で、市から運営費の補助を受けながら小学校内もしくは賃貸マンションの一室に設置されている。

 同協議会による陳情はほぼ毎年行われているが、今回は新型コロナウイルス感染症拡大によって、民設民営の学童が抱える保育環境の課題が改めて浮き彫りとなった。

 陳情書に記述された要望は3点。1点目は、「放課後児童支援員キャリアアップ処遇改善等事業」の予算化。放課後児童支援員は2015年に新設された都道府県が認定する専門資格で、厚労省は学童保育施設に1人以上の配置を義務づけている。17年からは放課後児童支援員の経験に応じた処遇改善事業を創設。勤続年数や研修実績などにより、国県市が賃金改善に要する補助を行う。

 しかし、全国的に制度を活用する自治体はまだ少なく、県内自治体で予算化しているのは横浜・川崎・横須賀など8市町村(2018年時点)。協議会は職員の資質向上や人材確保の安定が、保育の充実や子どもたちの安心安全な生活につながるとして予算化を要望。学童はコロナ禍で休校になった際も、原則受け入れを続けてきたが、不安定な雇用環境・労働条件を要因に慢性的な人手不足にあり、環境改善が急務という。

 2つ目は、行政による保育料の減免措置について。経済的状況にかかわらず、必要とするすべての家庭が学童を安心して利用できるよう求めた。

 一例では、岬陽小学校内の学童「どろんこ」の1カ月の保育料は1年生で1万5千円。このほかに、入会金や保険料、午後6時以降になった場合の延長料が発生する。兄弟姉妹での利用や、ひとり親世帯、生活保護世帯には経済的負担が大きく、申込みを諦めるケースも少なくない。

 こうした問題に対し、各学童では集められた保育料のなかから相互扶助費を捻出し、母子・父子世帯や多子世帯などに対象をしぼって保育料を減額するが、「支え合いの仕組みでは限界がある」と稲邑さん。財政規模による予算配分に違いがあることへ理解を示しながらも、隣りの横須賀市では減免措置が取られており、自治体格差が保育格差につながっていると不安視する。

 3つ目は、依然として終息の見通しが立っていない新型コロナウイルス感染症に関する協力と支援措置の要望。子どもが集団で過ごす学童は、3密回避が困難。消毒や換気のほか、グループに分かれて交代でおやつを食べるなど対処するが、雨天時の遊び場などに苦慮しており、体育館や特別教室など割り当て教室以外の施設開放を三浦市教育委員会に働きかけてほしいとした。

 また、今後の感染拡大を想定し、学童内で感染者が出た場合に関係者が優先的にPCR検査を受けられたり、感染防止対策にかかる費用の財政支援をあげた。加えて、稲邑さんは「災害マニュアルはあっても感染症はなく体制は脆弱」と指摘。危機管理徹底を求めた。

 同陳情は、今月11日に開かれた都市厚生常任委員会で審議された。

三浦版のトップニュース最新6

組織超え“つな”がる看護師

組織超え“つな”がる看護師 社会

多様化するニーズに対応

10月23日号

パートナー制度導入へ

三浦市

パートナー制度導入へ 社会

来年1月の施行めざす

10月23日号

長期欠席で報酬最大5割減

三浦市議会

長期欠席で報酬最大5割減 政治

9月末から即日施行

10月9日号

地元の日常を旅の魅力に

観光情報サイトgooone

地元の日常を旅の魅力に 社会

コラムや案内サービスなど

10月9日号

保育環境改善に陳情

放課後児童クラブ

保育環境改善に陳情 社会

指導員処遇やコロナ対策など

9月25日号

「三浦で一番の餃子めざす」

「三浦で一番の餃子めざす」 社会

障害者施設が専門店開店

9月25日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク