三浦版 掲載号:2020年10月23日号 エリアトップへ

組織超え“つな”がる看護師 多様化するニーズに対応

社会

掲載号:2020年10月23日号

  • LINE
  • hatena
みうら・ツナ・ナースバッジ
みうら・ツナ・ナースバッジ

 三浦市内の看護の質向上をめざし、組織を超えて看護職同士がつながる「看看連携」の取り組みが進められている。今年初めに研修会が行われ、先月末には修了の証となるバッジを受講者に配布し、仲間意識を醸成。きめ細やかで切れ目のない看護を提供する。

 「看看連携」とは、医療・介護・福祉の分野などで活躍する地域の看護職同士が連携、顔の見える関係を築くことを指す。個々のスキルアップによる看護の質向上のほか、地域の医療をつなぐネットワークの構築が期待されている。

 昨年5月、神奈川県医師会が旗振り役となり、各地域で導入を促進。三浦市でも市立病院と市医師会を中心に、「みうらナース・ツナぐプロジェクト」と題して、同医師会管区の医療機関に勤務する看護師を対象に企画。今年1月に開かれた研修会には、14人が参加した。

 参加者が研修を通じて抱いた共通認識は、「互いの職場についてほとんど知らない」ことだった。総合病院とクリニック、また診療科目によっても様々で、市立病院看護部長の嘉山静子さんと地域医療科長の中川恵さんは、「各院の医療体制や保有する機能を知ることは大切」と説明する。入院治療が必要になったり、反対に退院後にかかりつけ医のもとで治療を継続する場合、切れ目のない治療が可能になるという。日頃、申し送りのために医療機関間で連絡を取ることはあるが、「医師や事務職員の場合が多く、看護師が対外的な役割を担うことは少ない」と中川さん。「患者さんに一番近い医療者は看護師。困ったときに相談できる、顔の見える関係を作ることが、地域医療の強化や質向上になる」

バッジが仲間の証

 研修を受けた看護師には、連携の証として揃いのバッジを配布。9月末頃から着用している。バッジは組織に関係なく、地域の看護師同士が手と手をつないで輪を作っている様子をイメージ。看護師姿になったご当地キャラクターの三浦ツナ之介をマスコットに、“つな”がると三浦らしさのまぐろ=“ツナ”を掛けて、「みうら・ツナ・ナース」の輪をアピールする。

 高齢化率約40%の三浦では、在宅医療の需要増大が見込まれていることから、嘉山さんは「安心して暮らせる街にするためには、連携の強さが重要」と話す。

 参加した看護師からは研修会の定期開催を望む声が多く、11月には今年度第1回目を実施。新型コロナウイルスをテーマに感染症対策に関する情報交換を行うほか、今後は災害時対応や将来の看護のあり方・夢、施設看護職や訪問看護ステーションとの協力も視野に、市内全域に広げていきたいとしている。

未経験から始められる医療事務!

三浦市立病院勤務・月収例269,152円。外来業務や夜間・休日受付のお仕事!

https://solasto-career.com/kanagawa/miurashi/miurashiritsu-byoin/1412700037-006/

<PR>

三浦版のトップニュース最新6

「シナーラ」がアジア初快挙

クラシックボートアワード

「シナーラ」がアジア初快挙 文化

シーボニア母港の木造帆船

5月14日号

現職吉田氏が出馬表明

三浦市長選

現職吉田氏が出馬表明 政治

「発展に全力尽くす」

5月14日号

5割増電子クーポン発行へ

5割増電子クーポン発行へ 経済

経済・子育て支援を拡充

4月30日号

御朱印求め身近な旅

開運半島詣り

御朱印求め身近な旅 文化

「龍神信仰」でつながる3社

4月30日号

「身近な下水道に親しみを」

三浦市

「身近な下水道に親しみを」 社会

マンホールカード発行

4月16日号

観光振興へ強力タッグ

観光振興へ強力タッグ 社会

5者が連携協定締結

4月16日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter