平塚版 掲載号:2014年1月30日号
  • googleplus
  • LINE

古紙の持ち去りに「待った」 平塚市 GPSで追跡調査へ

社会

資源物にGPSを仕込む
資源物にGPSを仕込む
 古紙など資源再生物の持ち去り行為に歯止めを掛けるため、平塚市は2月から、古紙共同販売などを手がける関東製紙原料直納商工組合と連携し、小型GPS発信装置を活用した追跡調査を始める。24日の記者会見で発表した。

 資源再生物は現在、平塚市資源回収協同組合が回収し、問屋などに売却している。市は資源回収組合に、その売価でまかなえない費用を交付金(2012年度は約1億1800万円)として支払っているため、資源物の持ち去りは市の損失にもつながりかねない。

 資源物の中でも古紙回収量の減少が顕著であることから、市は古紙の持ち去りが増えていると想定。古紙の回収ルートを適正化させたい関東製紙原料直納商工組合からGPS装置を無償で借り受け、防止策に乗り出した。

 GPS装置は、市が日や場所を選んで市内ごみステーションの資源物に仕込み、持ち去られた際の運搬ルートや受け入れ先、犯人などの特定に役立てる。

 特定された受け入れ業者には、製紙原料商工組合が持ち去り行為を容認しないよう協力を求め、持ち去り者が特定された場合は、市が条例に基づいて指導や勧告、命令を行う。従わない違反者は、5万円以下の罰金が課される。

 市によると、持ち去り行為を目撃した市民からの通報は増加傾向にあり、集団や外国人による犯行、ごみを出す人への威嚇など、内容も計画的で悪質化しているという。

 市職員は会見で、県内の5自治体が昨年からGPSの活用を始めて成果を上げているとし、「持ち去りをさせない、できないというメッセージになる」と抑止効果に期待を寄せている。

平塚版のトップニュース最新6件

「みどりの実践団体」登録募集

みどりや自然を守るために活動している団体を奨励金交付や研修等の実施で支援

http://ktm.or.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク